【ローラーダイ】17世紀~18世紀のコイン製造方法

雑学(history)【カテゴリ】
翻訳

ローラーダイとは

17~18世紀のコイン製造方法(ローラーダイ)

ローラーダイとは、下の絵のような形で刻印する方法です。一般的なコイン製造方法と比較して、圧力でデザインを刻むというのは同じです。

しかし、ローラーであるという点が異なります。ちなみに、ダイ(die)とは、金型という意味です。

ローラーダイによる刻印イメージ

一般的なコイン製造方法は、下の図の通りです。すなわち、刻印前の金や銀の上下から圧力をかけて、デザインを刻印します。

コインの刻印方法

上下から圧力をかけるという点では同じですが、ローラーを使っている点が特徴です。

具体的な製造方法

では、コインの製造方法について、写真や絵を見ながら具体的に確認しましょう。絵や写真は、全て『The Art of Craft of Coinmaking-A History of Minting Technology』からの引用です。

下の写真の上側に、ローラーダイがあります。そして、その下に刻印した場合にできるデザインが表示されています。

ローラーダイによるデザイン

もう少し詳しく見ましょう。赤枠2の部分に、刻印があります。赤枠1の部分を機械に差し込んで、回転させるという仕組みです。

ローラーダイの実物写真

下は、刻印された金属の様子です。両面同時に刻印していきます。細長い金属に、数多くの刻印が打ち込まれた様子が分かります。

ローラーダイで刻印された金属

さて、上の金属ですが、コインになっていません。細長い金属にデザインを描いただけです。

これをどうやってコインにしましょうか。それは、「巨大なハサミで切り取る」です。コインの刻印に沿って、円形に切り取ればコインになります。

下の絵は、コインの製造工場の様子を描いたものです。ローラーダイではなさそうですが、巨大なハサミが登場しています。左下にいる人が持っているのが、ハサミです。

コインの切り取り作業風景

確かにハサミですが、枝切りばさみか?と思えるような巨大な作りです。

文房具のようなハサミでは、金属を切ることはできません。そこで、このような巨大なハサミになったのでしょう。

なお、現物のコインを見ますと、断面がとてもきれいでツルツルです。おそらくですが、ハサミで切った後に、ヤスリ等で磨いたのでは?と予想できます。よって、側面に刻印はありません。

コインの特徴

では、ローラーダイで作られたコインの特徴を確認しましょう。

  • コインが反ったり、波打ったりしやすい
  • コインにヒビが入りやすい

この記事の下の方に、ローラーダイで作られたコインの一覧があります。正面から撮影していますので分かりづらいですが、コインが反っていたり、波打っていたりする場合があります。

ローラーダイで作ると、私たちが日常で使うような、真っすぐでゆがみのないコインを作ることは難しいようです。

また、ゆがみに関連し、コインの中心部にヒビが入ったようになったり、周囲に裂け目が入ったりしている場合もあります。これもコインの特徴です。

よって、「コインは曲がっていない方が良いし、ヒビがあるのも嫌だし、きれいにピカピカしているものが良い」という場合は、ローラーダイで作ったコインは、コレクションの対象外になるかもしれません。

これからアンティークコインの世界に入ろうといういう皆様の場合、金貨の美しさに惹かれることでしょう。

そして、金貨を眺めているうちに、銀貨の良さにも気づきます。銀貨をさらに調べていると、ローラーダイの魅力にも気づくことがあるでしょう。

よって、これらのコインの収集家は、中上級レベルの皆様が多いのでは?と思います。

大量生産向きの製造方法か?

では、なぜローラーダイでコインを作ったのでしょうか。上下から打ち付けてコインを作る場合に比べて、コインは曲がりやすいですし、ヒビも入りやすいです。あまり良いことがないように見えます。

これは、筆者の予想ですが、大量生産に向いていたらではないか?と思います。

下に、写真を再掲します。金属の板をローラーに挟んで通せば、下の場合、一気に9枚のコインの刻印ができました。あとは、切れば完成です。

ローラーダイで刻印された金属

時代が下って産業革命の時代になり、ローラー式でなくても大量生産しやすくなり、この製造方法は消えていったのかもしれません。

コイン一覧

では、ローラーダイで作ったコインをご案内しましょう。スペインの50レアル銀貨は、破格の高値がついています。これは巨大なコインであるうえに、1635年のこのコインは、世界に12枚しか存在しないためです。

希少価値が極めて高いコインです。

その他のコインは、1600年代から1700年代に造られた割には、比較的安い印象があります。これは、現存数が比較的多いからです。

よって、コレクションしやすい銀貨だと言えそうです。

スペイン

フィリップ4世 50レアル銀貨【希少品】

【コインNo】 8043
【額面】50レアル
【製造年】1635年
【直径】74mm
【素材】銀
【グレード】UNC
【NGC】3833378-002/62

フェリペ4世の50レアル銀貨【スペイン】 売り切れ
神聖ローマ帝国

レオポルド1世 1ターレル銀貨

【コインNo】 7396
【額面】1ターレル
【製造年】1668年
【材質】銀
【直径】42mm
【グレード】Tone EF
【カタログ】KM1238/DAV3240
【価格】82,000円(税込)

このコインを購入する

【コインNo】 7395
【額面】1ターレル
【製造年】1683年
【材質】銀
【直径】42mm
【グレード】Tone EF
【カタログ】DAV3241/KM1303
【価格】66,000円(税込)

このコインを購入する

【コインNo】 7667
【額面】1ターレル
【製造年】1695年
【材質】銀
【直径】45mm
【グレード】EF
【カタログ】DAV3229/KM1275.3
【価格】64,000円(税込)

このコインを購入する

ヨーゼフ2世 1ターレル銀貨

【コインNo】 6755
【額面】1ターレル
【製造年】1771年
【材質】銀
【直径】40mm
【グレード】EF+
【カタログ】DAV1164/KM2074.2

売り切れ

雑学(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る