サウジアラビア4ポンド金貨【アメリカ合衆国発行】

製品案内【その他(アメリカ)】
翻訳

アメリカ合衆国の決済用金貨

サウジアラビア

この記事でご案内します金貨は、サウジアラビアの4ポンド金貨です。しかし、製造地はアメリカ合衆国のフィラデルフィアです。

1945年から1946年にかけて、サウジアラビアの油田で操業していたアラムコ(ARAMCO、Arabian American Oil Company)がサウジアラビアに代金を支払うために製造されました。

サウジアラビア 4ポンド金貨【フィラデルフィアミント】

なお、これを受け取ったサウジアラビアは、この金貨を溶解して別の用途に利用しました。このため、製造枚数は91,000枚ですが、現存数はとても少ないと見積もられています。

簡略なデザインの割に価格が高い印象かもしれませんが、特殊な用途限定で作られたという歴史的価値と、現存数が少ないという希少性があるからでしょう。

この金貨が製造された理由

ここで、こんな疑問が出るかもしれません。「わざわざ貿易決済用の金貨を新造しないで、一般に流通させている金貨で支払えば良いのでは?」と。

ところが、当時、アメリカには流通している金貨がありませんでした。金貨の民間所有は禁止されていたためです。

世界大恐慌【1929年】

時は1929年、世界大恐慌が発生しました。ほどなく景気が回復してくれれば良かったのですが、一向に経済状況は良くなりませんでした。

当時の通貨制度は、金本位制です。すなわち、アメリカは、自身が所有している金の総額までしか通貨を発行できませんでした。

このため、文字通り世の中からお金が消えました。

「お金=金(きん)」です。そして、世の中の人々に仕事はなく、収入もありません。となれば、お金を使いたくありません。お金は世の中から消えて、タンス預金となりました。

これでは、不景気は深刻化する一方になりますし、世界大恐慌から回復するための経済政策を実行できません。

金貨・金地金の所有禁止【1933年】

そこで、1933年に、金貨や金地金などの民間所有が禁止されました。金は国が集中的に管理するということです。

この制度が完全に廃止されたのは、1974年のことです。

すなわち、この記事でご案内しているサウジアラビア4ポンド金貨を発行した1945年~1946年においては、民間に流通している金貨は存在しませんでした。

そこで、サウジアラビアに支払うという目的のために、金貨が製造されたという経緯です。

稀少なコレクションアイテム

なお、現在、アメリカのアンティークコインが数多く残っています。政府に回収されたはずでは?となりますが、コレクションアイテムとしての金貨は回収の対象外となった、といういきさつがあります。

回収・溶解処分を免れたコレクションとしての金貨が、現在も生き残っているということになります。

1945年当時の金保有量

少し話がそれますが、第二次世界大戦終了当時の金保有量を確認しましょう。アメリカは、全世界の金の50%超を保有し、第二位のスイスは2%~3%くらいでした。

アメリカも第二次世界大戦に参戦しましたが、本土は戦場になりませんでした。このため、投資もあって生産力はどんどん大きくなりました。

一方、戦場となった他地域は、生産地も戦場となりますから、生産能力が大きく落ちました。そして、武器等を得るためには支払いが必要です。こうして、アメリカに金が集合していきました。

第二次世界大戦以前は、強国とはいえスーパーパワーではなかったアメリカが、第二次世界大戦を経てスーパーパワーになった様子が分かります。

金貨のデザイン

では、金貨のデザインを見ていきましょう。

サウジアラビア 4ポンド金貨デザイン(表面)

アメリカの国鳥(ハクトウワシ)の周りに、フィラデルフィア造幣局の文字が刻まれています。シンプルなデザインになっています。

そして、裏側です。

サウジアラビア 4ポンド金貨デザイン(裏面)

書いてある文字をそのまま転記しますと、以下の通りです。

GROSS WEIGHT - 493.1 GRAINS
NET WEIGHT - 452.008333 GR.
FINESS 916 2/3

意味は、以下の通りです。

総重量 :493.1グレイン
金の重量:452.008333グレイン
純度  :91.67%

重量と品質が書いてあるだけの、とても簡単な内容です。グレインとは、質量の単位です。1グレイン=0.06479891グラムです。すなわち、493.1グレインとは31.95グラムくらいになります。

そして、この金貨の中で、金の重量は29.289グラムくらいであり、金の割合は91.67%となります。

なお、この金貨の記事のタイトルを見ますと、4ポンドとあります。第二次世界大戦までの基軸通貨は、米ドルでなくポンドでした。

ソブリン(=1ポンド)金貨の重量は、7.98805グラムで、純度は91.67%となります。4ポンドの重量を計算しますと、31.95グラムとなり、この金貨の重量と一致します。

よって、金貨にはどこにも4ポンドと書いてありませんが、4ポンド金貨として使用されました。

ページトップへ戻る