【プレゼント】イギリスのハーフペニー青銅貨(1967年)

製品案内【イギリス】
翻訳

世界一周を成し遂げたゴールデン・ハインド号 

当サイト経由で新規にコインをお買い上げいただきますと、下のコインをプレゼントで差し上げます(2019年7月以降)。

左側は、イギリスで初めて世界一周を成し遂げたゴールデン・ハインド号(the Golden Hind)、右側は、エリザベス女王です。

アンティークコインではありませんが、製造後50年以上の時間が経過しています。古いコインだといえるでしょう。

【発行国】イギリス
【額面】1/2ペニー
【製造年】1967年
【材質】青銅
【直径】25.44mm
【グレード】FDC

プレゼントをもらえる条件

プレゼントをもらえる条件は、以下の2つを同時に満たす場合です。

  • 株式会社ダルマで新規にコインを購入いただいた場合。(※)
  • 購入いただいたコインの単価が、1万円(税込)以上である場合。

(※)ダルマで購入いただいたことがあるお客様は、対象外となります。

以上2つの条件を同時に満たす場合、購入いただいた単価1万円以上のコインと同じ枚数の外国コインをプレゼントします。

また、以上の条件を満たす場合、2回目以降の購入でも、1枚当たり1万円以上のコインを購入いただくたびに、プレゼントを差し上げます。

なお、グレードはFDC(完全未使用)です。

上の写真を拡大しますと、表面に細かい傷があることが分かります。FDCなのに傷があるのはなぜか?ですが、原因はコインの保管・運搬方法にあります。

プルーフの記念コインでもない限り、造幣局は、多数のコインをまとめて袋に入れて保管します。そして、そのままガチャガチャと運びます。ワレモノではないので、比較的無造作に扱うでしょう。

すなわち、保管や運搬中に、コインがぶつかり合って細かい傷がつきます。よって、FDCでも小さな傷がつくことになります。

この保管・運搬方法は、何百年も昔から同じです。詳細につきましては、別記事「アンティークコインの製造方法」でご確認ください。

ゴールデン・ハインド号

ゴールデン・ハインド号(the Golden Hind)は、イギリスで最初に世界一周を成功させた船です(世界2番目)。航海は1577年から1580年の長期に渡りました。

イギリス ハーフペニー銅貨のデザイン(表面)

なお、世界で最初に世界一周を成し遂げたのは、マゼラン率いる船隊です。航海は1519年から1522年にかけてでしたので、ゴールデン・ハインドは半世紀ほど後に世界一周を成し遂げたことになります。

マゼラン隊の成功から半世紀以上を要して、ようやく2番目の世界一周が実現したことを考えると、マゼラン一行の世界一周がいかに偉大な成果なのかが良く分かります。

しかし、マゼランは航海の途中で戦死しています。

よって、ゴールデン・ハインド号の船長(フランシス・ドレーク)は、船長として世界で初めて世界一周した記録を持っています。

また、ゴールデン・ハインド号は16世紀の船舶であり、現存しません。レプリカがイギリスに展示されています。下は、ゴールデン・ハインド号の絵です。

ゴールデン・ハインド号(the Golden Hind)

(引用:Tudor Chronicles

絵を見ますと、数多くの砲門があることが分かります。ガレオン船と呼ばれるタイプの船で、外洋航海に優れていました。また、従来の船舶よりも多くの荷物を積むことができました。

フランシス・ドレーク

【船長の経歴】

ここで、船長であるフランシス・ドレーク(Francis Drake)について概観しましょう。フランシス・ドレークは、若いころから航海技術に優れていました。

そして、スペインと戦闘し、何とか生きて逃げてきた経験を持っています。このため、スペインに対する敵意が強かったようです。

ゴールデン・ハインド号に船長として搭乗し、世界一周する際、アメリカ大陸周辺を通過しました。当時、アメリカ大陸は主にスペインが支配しており、イギリスと敵対していました。そこで、スペイン船等を襲撃し、金銀を奪っています。

その金銀をイギリスに持ち帰り、ゴールデン・ハインド号に出資した人々に配当として分配しました。

その後、1588年に、イギリスとスペインは大きな海戦を迎えました。フランシス・ドレークは副司令官として参戦しましたが、事実上の最高責任者だった模様です。

この海戦で、イギリス艦隊はスペインの無敵艦隊を破り、壊滅的なダメージを与えています。

イギリスにとって、フランシス・ドレークもゴールデン・ハインド号も、強いイギリスを体現した英雄的存在だということになります。

コインの表側

次に、コインの表の面を確認しましょう。エリザベス2世の肖像が描かれています(ゴールデンハインド号は、コインの裏面です)。1967年のコインですから、肖像は若いです。

一般的に「ヤングヘッド(young head)」と呼ばれています。

イギリス ハーフペニー銅貨の裏面(エリザベス2世)

コインの周囲に書いてある文字は、「ELIZABETH・II・DEI・GRATIA・REGINA・F:D:」です。英語で”Elizabeth II, by the Grace of God, Queen, Defender of the Faith.”となり、「エリザベス2世 神の御恵みにより 女王 信仰の守護者」という意味になります。

もう少し日本語らしく訳すなら、「神の御恵みにより信仰の守護者となった女王エリザベス2世」です。

表はエリザベス女王、裏はゴールデンハインド号。歴史がギュッと詰まったコインです。

ページトップへ戻る