ナポレオン金貨が大量に発行された理由(ナポレオン3世)

製品案内【フランス】
翻訳

「ナポレオン金貨」=「ナポレオン3世の金貨」

ナポレオン金貨と言えば、通常はナポレオン3世が発行した金貨を指します。

しかし、ナポレオンという名前で世界的に有名なのは、ナポレオン3世でなくてナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)でしょう。

なぜ、「ナポレオン金貨=ナポレオン3世の金貨」なのでしょうか。それは、ナポレオン3世は金貨を大量に発行したからです。そこで、ナポレオン金貨が大量発行された理由を確認しましょう。

その後に、デザインを詳しく見ていきます。

ちなみに、ナポレオン3世の在位期間は、以下の通りです。以下の期間を中心に記事を展開します。

フランス第二共和政の大統領:1848年~1852年
フランス第二帝政の皇帝:1852年~1870年

ナポレオン1世のコインにつきましては、別記事「ナポレオン金貨の人気度」でご案内しています。

ナポレオン金貨の外観

金貨が大量発行された理由を見る前に、外観をざっくりと眺めましょう。ナポレオン金貨は、20フランを中心に、10フラン、50フラン、100フランが発行されました。

150年以上前の金貨なのに、未使用品でも比較的買いやすい価格になっています。これは、製造数が多かったために、現存数も多いことを示しています。

フランス ナポレオン3世(月桂冠)10フラン金貨【未使用品】

【コインNo】7502
【額面】10フラン
【製造年】1862年
【材質】金
【直径】19mm
【グレード】UNC

売り切れ

フランス ナポレオン3世 10フラン金貨【極美品】

【コインNo】8006
【額面】10フラン
【製造年】1856年
【材質】金
【直径】19mm
【グレード】EF

売り切れ

ナポレオン金貨の製造枚数

最初に、ナポレオン金貨の製造数の推移を確認しましょう。

ナポレオン金貨は、20フランを中心に発行されました。そこで、20フラン金貨の製造数でグラフを作っています。下の通りです(データ引用元:Standard Catalog of WORLD COINS 1801-1900)。

ナポレオン金貨(20フラン金貨)の製造数グラフ

1835年から1850年にかけて、製造数がとても少ないことが分かります。

グラフでは、製造枚数が0枚の年がいくつもあるように見えます。実際には、毎年のように製造されています。縦軸の単位が百万枚なので、ゼロに見えてしまうというだけです。

正確には、この期間の製造数が少ないのではなく、1850年代~1870年にかけての製造数があまりに多いです。

1859年には、2,600万枚以上も製造されています。

金貨全体の製造量

上のグラフは、20フラン金貨に限定していました。次に、金貨全体の製造量を見ましょう。

額面が違えば、使用する金の量も異なります。そこで、ここでは「枚」でなく、重量の単位である「トン」を基準にしましょう。

以下の通りです(swcs.com.auから引用)。

ナポレオン金貨(20フラン金貨)の製造数グラフ

上のグラフですが、1845年~1850年の製造量全体を、1845年の製造量として表示しています。ナポレオン3世が為政者だった時代(1848年~1870年)に、製造数が圧倒的に多いことが分かります。

なお、青い線は、フランスの金準備の推移です。金準備とは、国家によって保有されている金の量です。

金準備よりも、金貨発行を優先していた様子が分かります。

世界全体の金採掘量

ナポレオン3世は、金貨を大量に作りました。しかし、金貨を作るには、原料となる金が必要です。

当時、そんなにたくさんの金があったのか?ですが、下のグラフで確認しましょう。世界全体の、金採掘量です(swcs.com.auから引用)。

世界全体の金採掘量グラフ

1840年代から、金の生産量がいきなり上昇している様子が分かります。この理由ですが、金鉱の発見や、産業革命の影響が大きいのでは?と予想できます。

有名なカリフォルニア州のゴールドラッシュは、19世紀半ばから起きています。

また、つるはしで岩を砕いて金を採るか、それとも重機を使って採掘するかの違いを考えますと、産業革命の影響も大きそうだと予想できます。

こうして、世界全体を見れば、金貨を作る材料としての金は、比較的豊富でした。

フランスで金貨が大量発行できた理由

19世紀、金の採掘量が増えたことが分かりました。しかし、それをフランスの金貨生産増加の原因とするには、不十分でしょう。

と言いますのは、世界で金が生産されても、フランスの手元に来ないと金貨を作れないからです。

すなわち、当時は、フランスに金が集合しやすい経済状態だったと言えそうです。当時のフランスを取り巻く状況を確認しましょう。

ラテン通貨同盟

19世紀の欧州大陸では、フランスが強大な力を持っていました。このため、ベルギー・スイス・イタリアは、フランスに断りを入れることなく、フランスの貨幣法をそのまま流用して使っていました。

具体的には、フランスは品位0.9(純度90%)の5グラム銀貨を1フランと定めたのですが、他の3か国は、この基準をそのまま使いました。

そして、ベルギーなどでは、フランスの銀貨を輸入して流通させていました。フランスへの依存度がとても高いと言えます。

その後、フランスに無許可で勝手に模倣するのでなく、1866年に条約として明文化されたのが、ラテン通貨同盟です。

このラテン通貨同盟ですが、正式な加盟国はフランス、ベルギー、イタリア、ギリシャです。しかし、条約に加盟せずに同じ制度を採用した国が多数に上りました。

  • オーストリア
  • スペイン
  • ルーマニア
  • フィンランド
  • セルビア
  • ブルガリア
  • コロンビア
  • ペルー
  • ベネズエラ
  • アルジェリア
  • チェニス など

すなわち、フランスは巨大な通貨圏の盟主として君臨したことになります。

パリは、世界的な金の中心地

また、フランスの首都パリは、世界的な金の中心地として繁栄していました。オーストラリア、南アフリカ、米国、ロシアなどで採掘された金は、パリに流入していました。

そして、世界的な金の中心地となったパリは、各国の中央銀行と密接な協力関係にありました。

このような状況でしたから、フランスが自由に使える金の量はとても多かったと予想できます。これが、ナポレオン金貨を大量発行できた理由でしょう。

ナポレオン金貨のデザイン

では、ナポレオン金貨のデザインを確認しましょう。主に2種類かあります。月桂樹のリースをかぶっているかいないか、です。

下のナポレオン3世は、左の頭像はリースをかぶっています。一方、右側の頭像は、何もかぶっていません。

ナポレオン金貨のデザイン(月桂冠)

ナポレオン金貨を選ぶ場合、リースのある・なしを見比べると、興味深いかもしれません。

なお、コインの一番下にある「BARRE」というのは、このコインをデザインした人の名前(Desire-Albert Barre)です。周囲に書いてある文字は、「NAPOLEON III EMPEREUR」(皇帝ナポレオン3世)です。

本コインの裏側

コインの裏側は、月桂樹のリースに囲まれた中に、額面(ここでは10フラン)と、発行年(1856年)が刻まれています。

ナポレオン3世金貨の裏面のデザイン

周囲にある文字は、「EMPIRE FRANCAIS」(フランス帝国)です。

コインの一番下に、「A」という文字があります。これはミントマークです。すなわち、どの造幣局で作られたかが分かります。

ナポレオン金貨は、下の造幣所で作られました。ほとんどがパリで作られ、リヨンで作られたのは、わずかです。

  • A:パリ
  • BB:ストラスブルグ
  • D:リヨン

フランス人は金貨でも貯蓄

アンティークコインについて調べていると、「フランス人は銀行預金に加えて、金貨でも貯蓄する」という話題に触れることがあるかもしれません。

これは、今までの考察を振り返ると、自然なことのように見えます。

  • 18世紀のフランス革命以降、度々戦乱に遭遇
  • 第二次世界大戦では、フランスが占領されてしまった
  • 身の回りには、金貨がたくさんある

この状況で、銀行預金に全幅の信頼を寄せるか?と問われれば、そうではないでしょう。国がなくなるような経験をすれば、銀行を信頼するのは難しいかもしれません。

ならば、いくらかを金貨で手元に保有するのが合理的です。

一方、日本の場合も、似たような経験をしています。

  • 明治開国以来、諸外国との戦乱が絶えなかった
  • 第二次世界大戦では、米国に占領されてしまった

では、日本人は金貨で貯蓄するのが通常か?といえば、そうではないでしょう。

預金封鎖を経験しているにも関わらず、多くが貯蓄です。なぜかを考えると、身の回りに金貨が豊富にあったわけではないというのが、その理由の一つかもしれません。

ページトップへ戻る