フィンランドの金貨【フィンランド大公国時代】

製品案内【その他(フィンランド)】
翻訳

フィンランドの歴史とアンティークコイン

フィンランド大公国イメージ

フィンランドは、北欧の最も東に位置している国です。ノルウェー・スウェーデン・フィンランドと3か国が並んでいますが、これは昔からそうだったというわけではありません。

現在の場所にフィンランド(フィンランド大公国)ができたのは、1809年のことです。すなわち、建国後200年くらいの新しい国ということになります。

フィンランドの地図

元々、この地はスウェーデンが支配していましたが、ロシアが戦争でフィンランドの地を確保し、大公国を建国しました。ロシア皇帝が大公を兼任しましたので、同君連合ということになります。

その後、第一次世界大戦・ロシア革命を経て帝政ロシアが崩壊し、最終的にフィンランド共和国となって現在に至ります。

というわけで、フィンランドのアンティークコインは比較的新しく、収集しやすいと言えるでしょう。

フィンランド大公国時代の金貨

フィンランド大公国時代の金貨は、下でご案内しています20マルカと、もう一種類(10マルカ)があります。

20マルカ金貨 大公ニコライ2世【準未使用品】

【コインNo】8011
【発行国】フィンランド
【額面】20マルカ
【発行年】1913年
【材質】金
【直径】21mm
【グレード】AU/UNC
【カタログ】Fr3/KM9.2
【価格】90,000円(税込)

このコインを購入する

金貨のデザイン

表面から見ていきましょう。真ん中に描かれているのは、フィンランドの国章です。帝政ロシアの国章とそっくりです。

周囲には、「FINLAND SUOMI」とあります。FINLANDもSUOMIも、両方ともフィンランドという意味です。

フィンランド大公国 ニコライ2世20マルカ金貨デザイン(表面)

なお、SUOMIの「S」の左上に、小さな「S」があります(国章のしっぽの下)。これは、造幣局責任者(Isak Gustaf Sundell)のイニシャルです。

次に、裏面です。中央には、「20マルカ 1913」とあります。1913年発行という意味です。

フィンランド大公国 ニコライ2世20マルカ金貨デザイン(裏面)

周囲には、品質が描かれています。0,645..GRM. KUPARIA * 5,806..GRM. KULTAA.「銅0.645g、金5.806g」です。

欧州では、君主の肖像や氏名をコインに刻印する例が多いですが、フィンランドでは大公の肖像はなく、シンプルなデザインです。

ロシア帝国はツァーリによる専制君主制だったのに対し、フィンランドは立憲君主制でした。議会の力が比較的強かったことが、コインのデザインにも反映されているのかもしれません。

ページトップへ戻る