カナダ独自金貨発行90周年記念5ドル金貨【エリザベス2世】

製品案内【その他(カナダ)】
翻訳

カナダの独自金貨

カナダは、イギリスの植民地でした。よって、イギリスのデザインで金貨が作られました。最初の金貨は、1908年のソブリン金貨です。

その後、1912年になって、カナダ独自デザインの金貨が発行されました。下の金貨は、独自デザイン発行後90年を記念して作られた5ドル金貨です。

当時、5ドルと10ドルの金貨が発行されましたが、それと同じ額面で作られています。

カナダ 5ドル金貨 エリザベス2世【プルーフ・完全未使用品】

【コインNo】 8136
【発行国】カナダ
【額面】5ドル
【発行年】2002年
【材質】金
【直径】21mm
【グレード】PF FDC
【価格】60,000円(税込)

このコインを購入する

コインのデザイン

コインのデザインは、基本的に1912年発行の金貨と同じです。しかし、記念金貨が発行されたのは2002年です。2002年当時のイギリス国王は、エリザベス2世です。

このため、肖像もエリザベス2世になっています。

カナダ5ドル発行90年記念 5ドル金貨の表面(エリザベス2世)

コインの周囲に書いてある文字は、「ELIZABETH II D・G・REGINA」すなわち、「エリザベス2世 神の御恵みによる女王」という意味になります。

コインの反対側は、カナダの象徴的な樹木であるカエデの枝を2本配置し、真ん中に盾があります。

このデザインは、ほぼ1912年の金貨と同じです。年号が1912-2002となっている部分が異なります。当時の刻印は1912です。

カナダ5ドル発行90年記念 5ドル金貨の裏面

盾は4つに区切られており、1867年に連邦カナダが成立したときの4つの州の紋章が描かれています。

  • オンタリオ州:カエデの葉とセント・ジョージの旗
  • ケベック州:上から、ゆり、ライオン、カエデの葉
  • ニューブランズウィック州:上にライオン、下はガリオン船
  • ノバスコシア州:上下にカエデの葉、真ん中に鮭

上の4つの州は、大西洋に面しています。そして、今とは形が異なります。下の地図で確認しましょう。

カナダのうち、大西洋岸一体の地域が連邦になったことが分かります。

カナダの地図(1867年)

全種類集められる?

この金貨は、90周年を記念して2種類作られました。5ドルと10ドルです。ということは、1912年にも、5ドルと10ドルの金貨が作られました。

2002年発行の2種類を集めればコンプリートですが、さらに、1912年発行の金貨も両方集めれば、完全版の出来上がりです。

ちなみに、1912年発行のデザインは、1914年まで発行されています。1913年と1914年の金貨も集めれば、これ以上ない完全版が出来上がります。

最高でも8種類ですから、時間と根気をかければ集められるかもしれません。

1913年カナダ10ドル金貨

下のコインは、1913年に発行されたカナダの10ドル金貨です。この記事に掲載されているのは2枚ということですから、コンプリートするには残り6枚ということになります。

90周年記念金貨と比べますと、肖像が違うことが分かります。当時のイギリス国王はジョージ5世です。

カナダ 10ドル金貨 ジョージ5世【準未使用~未使用品】

【コインNo】 7971
【発行国】カナダ
【額面】10ドル
【発行年】1913年
【材質】金
【直径】27mm
【グレード】AU/UNC
【価格】135,000円(税込)

このコインを購入する

グレードはAU/UNCで、とても素晴らしい品質をしています。

表側に書いてある文は、「GEORGIVS V DEI GRA: REX ET IND:IMP:」です。「神の御加護によりインド帝国皇帝及び国王となったジョージ5世」という趣旨です。

関連・参考ページ
金貨の画像が黒い理由
ページトップへ戻る