ルートヴィヒ1世、マクシミリアン2世とバイエルン記念貨(ドイツ)

製品案内【ドイツ】
翻訳

バイエルン記念貨シリーズ

バイエルン王国(ドイツ、神聖ローマ帝国)のルートヴィヒ1世(在位1825年~1848年)は、極めて熱心に文化・芸術を支援していました。その姿勢は、息子のマクシミリアン2世にも受け継がれています。

そこで、彼らが発行したアンティークコインを確認しましょう。「バイエルン記念貨シリーズ」と呼ばれています。

バイエルン王国の位置

ルートヴィヒ1世が治めていたころのバイエルン王国は、現在のバイエルン州の位置にありました。下の地図で、薄い黄色の部分です。都はミュンヘンです。

バイエルン王国の地図(現代版)

ルートヴィヒ1世の芸術支援

ルートヴィヒ1世は、特に古代ギリシャとルネッサンス時代の芸術が好みだったようです。様々な芸術振興策を実施していますが、その中から2点をご案内します。

グリュプトテーク(Glyptothek)

グリュプトテークとは、彫刻美術館です。古代ギリシャ・ローマ時代の彫刻を収蔵しています。第二次世界大戦で破壊されましたが、再建されて現在に至ります。

グリュプトテーク彫刻美術館

The Glyptothek in Munich(引用:Wikipedia

バヴァリア像(女神像)とルーメスハレ(殿堂) 

バヴァリア(Bavaria)とは、バイエルンを指します。巨大な女性像制作を支援し、それにバイエルンの名前を付けました。

その後ろは、ルーメスハレと呼ばれる建物です。ルートヴィヒ1世が治めていた地域出身の偉人をたたえるために建造しました。

バヴァリアの巨大な女性像

Bavaria statue and the Hall of Fame(引用:Wikipedia

ルートヴィヒ1世は、スキャンダルが原因で息子に譲位しています。譲位後も、熱心に芸術を支援しました。

バイエルン記念貨シリーズ

以上の背景を知ってからバイエルン記念貨シリーズを見ると、理解の助けになります。ルートヴィヒ1世は、全部で38種類の記念貨を発行しています。マクシミリアン2世は、5種類です。

記念貨ですから、何かを記念して発行します。この記事の最下部に、全43種の名称を掲載しました。それをご覧いただきますと、文化人や芸術家を称賛して発行する例が少なくないと分かります。

ルートヴィヒ1世は、文化・芸術を重視していたことが分かります。

それに関連して、文化人の像や顔をコインのデザインにしています。近代以前のコインと言えば、皇帝や王様、神様の顔をデザインすることが通常であり、民間人を題材にすることはほぼありませんでした。

この事実から、ルートヴィヒ1世の、文化人・芸術家に対する尊敬の度合いを推し量ることができます。

記念貨のコインとしての特徴

なお、これらの記念貨ですが、手に取るとすぐに分かる特徴が2つあります。

大きい

記念貨として作られた1ターラー銀貨も2ターラー銀貨も、直径が38ミリほどあります(マクシミリアン2世は41ミリ)。他のコインと比較して、大きいです。重量も、28g~37gくらいあります。

「これを財布に入れて持ち運びするのは、少々大変なのでは?」と思ってしまいます。

少し曲がっている?

コインを手に取ってみると分かりますが、コインが少し曲がっています。もう少し正確に書くと、「反っている」ような感じがします。

これは、正確には曲がっているわけではありません。コインの断面図は下のイメージです。表が上になります。

分かりやすいように極端に描いていますので、実際にはこんなに曲がっているわけではありません。しかし、指の感覚は繊細ですので、「あれ?曲がっているかも?」と感じることがあるでしょう。

バイエルン記念貨 断面

記念貨だが、摩耗がある

なお、この記念貨シリーズですが、一般の通貨と同様に流通しました。すなわち、傷がついています。

発行枚数が少ないのにもったいないという感じですが、この経緯から、グレードが極めて高いコインを探すのは大変です。収集する際は、VF(Very Fine)からEF(Extremely Fine)クラスのコインが基準になるでしょう。

記念貨紹介

では、具体的にコインを確認していきましょう。

ライヒェンバッハ、フラウンホーファー死去記念

ライヒェンバッハ (科学者・1771-1826)、フラウンホーファー(物理学者・1787-1826)の2名の死去追悼の記念貨です。

王族でない民間人の肖像が描かれているのが、特徴です。

【コインNo】 6111
【額面】1ターレル
【製造年】1826年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】28.02g
【グレード】EF

売り切れ

王族への天の祝福祈願

家族全員の肖像が描かれたコインです。

中心にあるのは、王妃テレーゼです。皇太子マクシミリアン(後のマクシミリアン2世)、オットー王子(後のギリシャ王)の肖像もあります。彼らが子供のころに発行されましたので、幼い横顔です。

【コインNo】 7979
【額面】1ターレル
【製造年】1828年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】27.98g
【グレード】VF
【価格】26,400円(税込)

このコインを購入する

バイエルン国民の忠誠記念

王室に忠誠心を示してくれる国民を称える記念貨です。

記念貨は、何かのイベントを記念して発行するのが通常かと思います。しかし、このような常日頃の状況に敬意を払って、発行しています。

【コインNo】 7714
【額面】1ターレル
【製造年】1830年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】28.09g
【グレード】UNC+
【価格】121,000円(税込)

このコインを購入する

バイエルン王国初代国王像建立記念

1806年、バイエルンは、選帝侯国から王国に昇格しました。その時の初代王であるマクシミリアン・ヨーゼフを記念する像が作られたのを記念して、発行されました。

マクシミリアン・ヨーゼフは、ルートヴィヒ1世の父親です。

【コインNo】 7977
【額面】1ターレル
【製造年】1835年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】27.92g
【グレード】-EF
【価格】33,000円(税込)

このコインを購入する

皇太子成婚記念

バイエルン皇太子マクシミリアン(後のマクシミリアン2世)の成婚記念で発行されました。

相手は、プロイセン王ヴィルヘルム1世(後のドイツ皇帝ヴィルヘルム1世)の娘マリーです。

【コインNo】 7980
【額面】2ターレル
【製造年】1842年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】37.16g
【グレード】EF+
【価格】46,200円(税込)

このコインを購入する

エルランゲン学院創設100周年記念

エルランゲン学院は、1742年に設立されています。

現在の名称は、「フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク」です。バイエルン州の大規模校の一つです。

【コインNo】7976
【額面】2ターレル
【製造年】1843年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】37.13g
【グレード】EF
【価格】40,700円(税込)

このコインを購入する

フォン・クライットマイル像建立記念

バイエルンの首相だったフォン・クライットマイル像が建立されたのを記念した銀貨です。

なお、右側のコイン画像に、数字で590と書いてあるかな?という黒いものがあります。これは、落書きです。このコインが流通していた当時、手にした人が書いたものです。

書かれた数字を消すと修正品扱いになり、価値が落ちます。この落書きも、歴史の一部です。

【コインNo】 7982
【額面】2ターレル
【製造年】1845年
【材質】銀
【直径】38mm
【重量】37.15g
【グレード】-EF
【価格】57,200円(税込)

このコインを購入する

バイエルン記念貨【全43種】

最後に、全43種の名称と発行年をご案内します。全部集めればコンプリートです。コンプリートすると、素晴らしい偉業と言えます。

記念貨のアンティークコインなのに、価格が高すぎるというわけではありません。よって、コンプリートできるかどうかは、「欲しいコインを探せるかどうか」次第だと言えそうです。

ルートヴィヒ1世(全38種)

1ターレル銀貨

年号 記念名
1825年 即位記念
1826年 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学移転記念
1826年 ライヒェンバッハ、フラウンホーファー死去記念
1827年 バイエルン・ヴュルテンベルク関税同盟締結記念
1827年 ルートヴィヒ勲章制定記念
1827年 テレーゼ勲章制定記念
1828年 憲法制定10周年記念碑建立記念
1828年 王族への天の祝福祈願
1829年 通商同盟締結記念
1830年 バイエルン国民の忠誠記念
1831年 地方立法府を首都ミュンヘンに招集した記念
1832年 オットー王子のギリシャ王選出記念
1833年 関税同盟締結記念
1833年 ロシア戦役での戦没者追悼記念碑建立記念
1834年 地方立法府の名誉をたたえる記念貨
1834年 バイエルン国民の王家への忠誠記念碑建立記念
1835年 バーデンが関税同盟に加盟したことを記念
1835年 バイエルン抵当銀行設立記念
1835年 オットー王子と母親(王妃)の別離記念碑建立記念
1835年 ドイツ最初の鉄道開通記念
1835年 バイエルン王国初代国王像建立記念
1835年 ベネディクト教団への教育施設寄進記念
1836年 オットー王子記念協会設立記念
1837年 ザンクト・ミハエル勲章制定記念

以下、2ターレル銀貨

年号 記念名
1837年 南部ドイツ諸邦通貨同盟締結記念
1838年 バイエルン再統合記念
1839年 マクシミリアン1世像建立記念
1840年 アルブレヒト・デューラー像建立記念
1841年 リヒター像建立記念
1842年 ヴァルハラ神殿完成記念
1842年 皇太子成婚記念
1843年 エルランゲン学院創設100周年記念
1844年 将軍会堂完成記念
1845年 フォン・クライットマイル像建立記念
1845年 2人の王孫誕生記念
1845年 ルートヴィヒ運河開通記念
1847年 司教ユリウス・エヒター像建立記念
1848年 譲位記念

マクシミリアン2世(全5種、2ターレル銀貨のみ)

年号 記念名
1848年 新憲法制定記念
1848年 フォン・グリュック像建立記念
1849年 ローラン・ド・ラトル像建立記念
1854年 ドイツ総合物産展開催記念
1856年 国王マクシミリアン2世像建立記念
ページトップへ戻る