スペインのアンティークコイン【大航海時代からフェリペ2世まで】

歴史(history)【カテゴリ】

16世紀のヨーロッパ

スペインのコイン

16世紀のヨーロッパで最大・最強だったのは、おそらくスペインとポルトガルでしょう。そこで、両国が強大化した理由を考えつつ、アンティークコインの世界を眺めてみましょう。

大航海時代前:アジア貿易と金銀不足に悩む欧州

コロンブスによるアメリカ大陸発見は、偶然起きた冒険の成果ではなく、理由がありました。

15世紀のヨーロッパでは、アジアの文物がもてはやされていました。長期的な「アジアブーム」です。特に、香辛料は大変貴重で、高価でした。

その香辛料やアジアの品々は、アジアから輸入することになります。しかし、陸路では困ったことがあります。

下の地図では、直線でヨーロッパとアジアを結んでいます。しかし、途中には山あり谷ありです。自然条件は何とかなるとしても、ヨーロッパとアジアの間には、いくつもの国がありました。

大航海時代前の陸路地図(アジア~ヨーロッパ)

「その国々を無料かつ安全に通過できるか?」ですが、それは無理な話です。中継地の国々は、ヨーロッパから高額な手数料を取るのが通常でしょう。中継地の国々から買う場合も、高額にならざるを得ません。

高値で吹っ掛けられるからです。「嫌だ」とは言えません。ほかに選択肢はないからです。また、強盗に遭うこともあったでしょう。

さらに、何とか貿易できたとしても、物を買えば、対価を支払います。対価は金や銀です。すなわち、ヨーロッパは慢性的な金銀不足に悩むことになります。

  • アジアと安全かつ安価に取引したい
  • 金銀が欲しい

この欲求を満たすために、陸路でなく海路を探すことになりました。

スペインとポルトガルが先行した理由

この欲求を持っていたのは、欧州全体でした。すなわち、スペインやポルトガルだけではありません。

しかし、アメリカ大陸やアフリカ航路を発見したのは、スペインとポルトガルです。その後も、世界各地を植民地化したのは、この2か国です。

この2か国が先行したのは、なぜでしょうか。それは、両国が他の欧州諸国よりも先進的な科学技術を持っていたからです。

世界の最先端=イスラム諸国

なぜ、スペインとポルトガルが、ヨーロッパで最先端技術を持っていたのでしょうか。それは、イスラム教徒と戦ってきたからです。

中世世界において、世界最先端の技術を持っていたのは、ヨーロッパでなくイスラム教徒でした。下の地図は、8世紀中ごろのイベリア半島を中心とする地図です。

「後ウマイヤ朝(こう・うまいやちょう)」が、イベリア半島の大半を支配していたことが分かります。この国は、イスラム教徒の国でした。

イベリア半島の地図(8世紀中頃)

その後、ヨーロッパで国土回復運動(レコンキスタ)が始まり、15世紀には下の通りとなりました。イスラムは、南にある小さな国(ナスル朝)の部分だけです。

15世紀末には、イスラム教徒をイベリア半島から追い出すことに成功しました。この過程で、スペインとポルトガルは、イスラム教徒の最先端技術を取得したのです。

イベリア半島の地図(15世紀末)

ちなみに、上の地図を見ますと、スペインがありません。1479年に、カスティリャ王国とアラゴン王国が統合され、スペイン王国が誕生しました。

こうして、イスラム教徒の技術を使って、大航海時代が始まりました。

スペイン王国フェリペ2世「沈まぬ太陽」

スペインは、メキシコや南米を次々と征服しました。すると、そこには金銀がザクザクと眠っていました。

これらの金銀をスペイン本国に持ち帰りました。すなわち、スペインは一気に大金持ちです。好きなものを自由に買えます。

この世の中、なんだかんだ言っても、お金があれば何とかなることがほとんどです。

結果、スペインは、世界最強の陸海軍を持ち、トルコ勢力のヨーロッパ進出を阻みました。さらには、当時の国王フェリペ2世は、王家の血筋が絶えたポルトガルの王位を継承し、世界最強2大国を同時に支配するに至りました。

まさに、「沈まぬ太陽」と呼ばれる状況でした(その後、1640年に両国は分離しました)。

フェリペ2世が発行したコイン

では、ここで、世界を支配したスペインの王様、フェリペ2世が発行したアンティークコインを確認しましょう。

スペイン 4エスクード金貨

【コインNo】 7947
【発行国】スペイン
【額面】4エスクード
【発行年】1556年~1598年
【材質】金
【直径】29mm
【グレード】F
【価格】390,000円(税込)

このコインを購入する

スペイン 8レアル銀貨

【コインNo】 4384
【発行国】スペイン
【額面】8レアル
【発行年】1590年
【材質】銀
【直径】41mm
【グレード】EF+

売り切れ

正直なところ、他国のコインと比べて、美しさという点でどうでしょう?どうやら、当時のスペインは、コインのデザインにこだわっていなかったようです。この種類の貨幣を「コブ・マネー(cob money)」と呼びます。

コブ・マネーの作り方ですが、金銀を棒状にしてから一定の重量で輪切りにする、という方法です。切ったら、刻印を押します。

うまく切れなくて、規定の重量よりも重くなってしまったとしましょう。この場合は、コインの周囲をはさみで切って重量を整えるというスタイルです。

当時、スペインはアメリカ大陸から大量の貴金属を得ました。獲得した貴金属は、すぐに使いたいです。そこで、デザインよりも生産の効率性を重視したコブ・マネーが生産されました。

「沈まぬ太陽」の終焉

さて、スペインの「沈まぬ太陽」状態は、比較的短い期間で終了することになります。

当時のスペインは、貿易赤字国でした。すなわち、ヨーロッパ諸国から物を買って、対価として金銀を支払う立場だったのです。

アメリカ等から金銀を略奪しても、消費してしまえば残りません。

スペインにとって、ヨーロッパの貿易拠点は、スペイン領の一部だったネーデルラント(現在のオランダ)です。ネーデルラントには金銀が集まり、決済機構も発達し、商取引も盛んになりました。

こうして、オランダの時代がやってきます。オランダは、1581年に独立を宣言しました(その後、独立戦争が続いた後、正式に独立しました)。

また、スペインに物を売って金銀を得た欧州諸国は、次第に経済力や科学技術を発展させてきます。1588年には、スペインが誇った無敵艦隊は、イギリスに壊滅させられてしまいます。

さらには、価格革命も進展しました。価格革命とは、インフレーションです。

スペインとポルトガルによって、ヨーロッパ世界に、いきなり膨大な金銀がもたらされました。すなわち、金銀の価値が一時的に下落します(=インフレーションの発生)。

このインフレに対応できた国とできなかった国で、明暗が分かれることになります。

こうして、スペインが圧倒的に強い状況が長続きすることはありませんでした。

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る