リディア(リュディア)王国の貨幣

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

世界最初のコイン

リディア王国のコイン

リディア(リュディア)は、世界で初めてコインを作った国として知られています。リディアが存在したのは紀元前7世紀~紀元前547年ですから、今から2,500年以上も前です。

その当時から、既にコインが存在しました。そして、現在に至ってもコイン(貨幣)は経済で極めて重要な役割を担っています。

リディアの位置

リディアは、現在のトルコ西部にありました。イメージとしては、トルコの西側半分全体です(下は、首都サルディスの位置を示します)。

サルディス(トルコ)の地図

そして、首都サルディスの脇からエーゲ海に向けて、小さな川が流れています。パクトロス(Pactlus)川です。

この川には、かつて、金と銀の自然合金が豊富にありましたので、これを使ってコインを作りました。金と銀の合金で作ったコインを、エレクトラム貨と呼びます。

現在、サウジアラビアなどは、地下資源である石油を有効に使うことにより、経済を維持・発展させています。

当時のリディアも、自然から採れるエレクトラム貨を有効活用して、大変繁栄しました。

エレクトラム貨の問題点

しかし、問題点もありました。金含有量です。リディアで産出された自然合金は、金の含有率が40%~55%前後で、残りは銀でした。

すなわち、同じ大きさのコインであっても、金の含有量が異なりますので、価値も異なります。金含有量の大小によって、少しずつ色も異なってきます。

よって、売買の対価としての支払には、困難が伴ったと予想できます。

品物と引き換えにエレクトラム貨をもらう側は、金含有量が多いコインが欲しいです。一方、支払う側は、できれば金含有量が少ないコインで支払いたいです。

なお、エレクトラム貨は、当時の寺院遺跡から多く発掘されたため、コインではなく祭祀用のメダルだったのでは?と考える向きもあります。

当時のリディアについて、文献はあまり残されていません。そこで、発掘された物や場所から、推測していくことになります。

リディアのエレクトラム貨

下は、リディアのエレクトラム貨です。

古代ギリシャ リディア王国 1/12ステーターエレクトラム貨

古代ギリシャ 小アジア リディア王国 エレクトラム貨【表と裏】

左側は、右向きのライオンの顔です。頭の上に、丸いものが見えます。これは太陽です。そして、右側は、何やら四角いものがあります。これはデザインではなく、土台の跡です。

当時のコインは、下の図のようにハンマーで打ち付けて作りましたが、当時は土台部分にデザインを施していなかったということです。

古代のコイン製造方法

クロイソス王が金銀の分離に成功

そして、クロイソス王(紀元前595年~紀元前547年頃)の時代になると、金と銀の分離に成功しました。

すなわち、金貨と銀貨の誕生です。

同じ大きさの金貨なら、金の含有量はどれも同じです。よって、経済活動をするに際して、金銀の分離は大変大きなインパクトを持っていたことでしょう。

古代ギリシャ リディア王国 ステーター銀貨【牡牛に襲いかかるライオン】

【コインNo】8726
【製造元】ギリシャ
【額面】ステーター銀貨
【製造年】紀元前560年~紀元前546年
【材質】銀
【直径】20mm
【グレード】VG
【カタログ】SEAR3419
【NGC】4535477-001
【価格】160,000円(税込)

このコインを購入する

上の銀貨を見ますと、エレクトラム貨とはデザインが異なります。左側にライオン、右側に牛がいます。

下の画像に、赤枠を2つ付けました。左側が、ライオンです。右向きで上半身が描いてあり、前足を前に伸ばしながら口を大きく開けています。

右側は、牛です。こちらは、左向きで前足を大きく前に伸ばしています。

エレクトラム貨のデザイン(表)

この構図を見ますと、ライオンと牛が戦っているように見えます。現代の視点で考えますと、牛と言えば乳牛だったり食肉用だったり、どう猛なイメージは乏しいかもしれません。

牛のイメージ

しかし、当時は、牛と言えば、ライオンとともに勇敢で強いというイメージの象徴でした。現代でいえば、闘牛のイメージに近いかもしれません。

通貨単位

なお、リディアの金貨・銀貨には単位があります。「Stater(スターテルまたはスターター)」です。現代語訳すれば、「スタンダード(標準・基準)」となります。

1 Stater
1/3 Stater
1/6 Stater
1/12 Stater
1/24 Stater
1/48 Stater

1スターテル金貨の重量は10.69gですが、途中から8.09gに変更されました。すなわち、金貨・銀貨の種類はとてもたくさんあることが分かります。

また、コインのデザインに数字がありません。すなわち、刻印で価値の大きさを知ることはできませんので、大きさや重量で判断します。

アケメネス朝による征服

こうして、リディアは自国内で産出される金銀によって大いに栄えましたが、クロイソス王がアケメネス朝ペルシアの捕虜となってしまい、リディアは滅亡してしまいました。

そして、アケメネス朝ペルシアはリディアの技術を受け継ぎ、世界で初めて、人の形をデザインしたコインを発行しました。

このコインについては、別記事「アケメネス朝ペルシア ダリク金貨【人の形をデザインした世界最初の金貨】」で解説していますので、ご確認ください。

歴史(history)【カテゴリ】

古代

ヨーロッパ

日本

その他地域

ページトップへ戻る