江戸時代の小判の品質や鋳造量などを比較

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

小判一覧

小判には、種類がいくつもあります。そこで、小判ごとにどのような特徴があるか、その品質に注目して比較しました。

なお、データは『日本貨幣カタログ』からの引用です。

下の表は、江戸時代に作られた小判の一覧です。数多くの種類があると分かります。コレクターとしては、全種類を集めるのが目標になるかもしれません。

名称 年代 元号 購入
慶長小判金 1601-1695 慶長6年-元禄8年
元禄小判金 1695-1710 元禄8年-宝永7年
宝永小判金 1710-1714 宝永7年-正徳4年
正徳小判金 1714 正徳4年
享保小判金 1714-1736 正徳4年-元文元年
元文小判金 1736-1818 元文元年-文政元年
文政小判金 1819-1828 文政2年-文政11年 購入可能
天保小判金 1837-1858 天保8年-安政5年 購入可能
安政小判金 1859 安政6年
万延小判金 1860-1867 万延元年-慶応3年 購入可能

なお、上の表に書かれていませんが、「佐渡小判金」という小判もあります。文字通り佐渡で作られていた小判ですが、製造期間も鋳造枚数も不明です。

小判としては高い価格で取引されていることから、現存枚数が少ないことが分かります。

金の含有量と量目

数多くの種類がある小判ですが、それぞれ、どのような品質を持っているでしょうか。「小判=金(きん)」というイメージですが、小判は金100%で鋳造されたわけではありません。

そこで、金の含有量(品位)を%表示したグラフと、小判の重さ(量目)のグラフで比較してみましょう。

金の含有量(品位)グラフ 小判の重さ(量目)のグラフ

金の含有量を見ますと、享保小判までとそれ以降では、品位が大きく異なることが分かります。金含有比率が20%以上も違います。

また、小判の量目を見ますと、さらに劇的な変化が分かります。万延小判金が、劇的に小さい小判だと分かります。

この理由ですが、万延小判金が作られた時代を見れば分かります。1860年から1867年にかけて鋳造されました。すなわち、幕末の動乱期です。

江戸幕府は鎖国をしていました。一部でオランダや中国等との貿易がありましたが、世界の潮流から取り残された状態で200年以上過ごしてきました。そして、いきなり開港しました。

このとき、金銀の交換比率が世界標準と違っていたので、金が一気に海外に流出してしまいました。それを防止するために、万延小判金を鋳造して小判の金としての価値を3分の1くらいに落としました。

金銀の交換比率

江戸時代末期の金銀交換比率は、概ね金1に対して銀5くらい(正確には4.65くらい)でした。一方、当時の世界主要国では、金1に対して銀15くらいでした。

  • 日本[金:銀=1:5]
  • 世界[金:銀=1:15]

すなわち、欧米各国としては、銀を大量に日本に持ち込んで金と交換し、金を海外で銀に交換するだけで簡単に儲かります。実際にこれが起きて、日本から金が大量に海外に流出しました。

そこで、万延小判金を鋳造したころに、金銀交換比率を欧米並みに修正しました。これによって、金の海外流出が落ち着きを見せました。

小判の鋳造量

次に、小判の鋳造量を確認しましょう。下のグラフをご覧ください。正徳小判金の鋳造量が圧倒的に少ないです。これは、製造期間がわずか4か月間くらいしかなかったためです。

その他、安政小判金と万延小判金の鋳造量も、大幅に少ないことが分かります。幕末の混乱期をそのまま表現している数字だと言えそうです。

小判の鋳造量グラフ

なお、新しい小判ができると、幕府は古い小判を回収しました。このため、「小判の鋳造量=現在の残存数」にはなりません。

幕府が一般の人々から小判を回収して新小判を渡す際、一般の人々にとってメリットがなければ、人々はわざわざ交換してくれません。そこで、交換した人が少し儲かるような比率で、交換しました。

交換するだけで儲かるならば、世の中の人々は積極的に交換に応じるでしょう。

すなわち、鋳造量は多くても、古い小判になればなるほど残存数は少なめになるだろう、と予想できます。

幕末期、日本の金は海外に流出しましたので、さらに現存数は少なくなります。

小判の価格 

では、アンティークコインとして小判を見る場合、価格はどうでしょうか。

  • 歴史の古さ
  • 現存数の多寡
  • 金の含有量
  • デザインの人気度
  • その他

こういった条件で価格が決まります。万延小判は鋳造量が少ないものの、金含有量が圧倒的に少ないことに加えて、慶長小判等と比べて遠い昔の小判とは言えません。このため、他の小判と比べて価格は安い傾向にあります。

逆に、元禄小判金や正徳小判金などは、希少性もあって価格が高い傾向があるようです。

購入可能な小判

最後に、株式会社ダルマで購入可能な小判をご案内します。

なお、小判に付いている鑑定書は、「『日本貨幣商協同組合』」が発行したものです。この鑑定書は収集貨幣に関する、日本で唯一の公式な鑑定書になります。

日本 文政小判金 裏刻印:馬神 桐箱・日本貨幣商協同組合鑑定書付(美品+)

【コインNo】 7990
【製造元】日本
【額面】文政小判金
【鋳造年】1819年~1828年
【材質】金
【品位】金55.9%、銀44.1%
【直径】31mm
【量目】13.16g
【グレード】VF+
【価格】300,000円(税込)

このコインを購入する

日本 天保小判金 裏刻印:石神 桐箱・日本貨幣商協同組合鑑定書付(美品)

【コインNo】 7890
【製造元】日本
【額面】天保小判金
【鋳造年】1837年~1858年
【材質】金
【品位】金56.8%、銀43.2%
【直径】33mm
【量目】11.2g
【グレード】VF
【価格】198,000円(税込)

このコインを購入する
貨幣鑑定書
サンプルイメージ

日本 万延小判金 裏刻印:た五 桐箱・日本貨幣商共同組合鑑定書付(極美品)

【購入No】7992
【製造元】日本
【額面】万延小判金
【鋳造年】1860年~1867年
【材質】金
【品位】金57.4%、銀42.6%
【直径】21mm
【量目】3.32g
【グレード】EF
【価格】110,000円

このコインを購入する

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る