大勲位菊花章頸飾の値段【非レプリカ】

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

日本最高位の勲章

大勲位菊花章頸飾

大勲位菊花章頸飾(だいくんい きっかしょう けいしょく)は、日本の最高勲章です。明治21年(1888年)に制定されました。頸飾は、首飾りという意味です。

この記事で掲載している大勲位菊花章頸飾は、レプリカではありません。本物です。

【発行国】日本
【発行年】1888年以降
【材質】金
【価格】65,000,000円(税込)

この勲章を購入する

上の写真の右側は、大勲位菊花章頸飾を収める箱の蓋です。左は、蓋を外した状態の写真です。

色合いにつきましては、フラッシュ等の影響がありますので、ご購入の際には、必ず実物をご確認ください。

国内では、皇族や伊藤博文など、受章者数はわずかです。また、外国元首等にも贈与されており、誰が受章したか明らかになっています。

ここでご案内する大勲位菊花章頸飾は、そのうちの一つです。

この勲章を手放した人は?

一般的に、受章者や遺族は、受章した大勲位菊花章頸飾を手放すことはないでしょう。よって、ご案内している大勲位菊花章頸飾は、極めて珍しいということになります。

ここで、気になる点があります。誰が、この大勲位菊花章頸飾を手放したのでしょうか。

大勲位菊花章頸飾には、受章者の氏名等は書いてありません。しかし、デザインである程度予想することが可能です。

と言いますのは、拝受者が皇族の場合とそれ以外の場合では、箱のデザインが異なるためです。下は、箱の画像です。最上部に菊の高蒔絵があり、その下に「大勲位菊花章頸飾」と書いてあります。

大勲位菊花章頸飾化粧箱の写真

皇族が拝受する場合、デザインが異なります。文字はなく、箱全体に11個の菊の高蒔絵が配置されます。

すなわち、この大勲位菊花章頸飾は、皇族でない受章者が手放したと予想できます。ただし、それ以上の情報はなく、頸飾そのものを調べても、元の所有者を確認するのは困難です。

そこで、以下は予想になります。

  • 今は存在しない国家の元首だった人の子孫
  • 旧体制の元首だった人の子孫(政変等で政治体制が変わった)
  • 経済的に困窮してしまい、手放さざるをえなかった子孫

何らかの理由で、手元に置きたいけれどもできなかった、と考えるのが自然でしょう。

大勲位菊花章頸飾のデザイン

では、デザインを見ていきましょう。下は、蓋を開けた状態の写真です。敷台(頸飾を置く部分)は、紫のビロードで作られています。

大勲位菊花章頸飾のデザイン

箱の左右に、金属の突起があります。この部分に、赤い締め紐を装着します。そして、蓋が外れないよう、蓋の上で結びます。今回は、この紐は失われた状態です。

赤枠部分を拡大したのが、下の写真です。デザインは全部で4つあることが分かります。

大勲位菊花章頸飾 4種のデザイン

これら4つについて、右から順に確認しましょう。全て金(きん)で作られています。

最も右

大勲位菊花章頸飾パーツ1

楕円形で、長径28mm、短径24mmです(下の2つも同様)。紀元前の中国で使われていた書体「古篆」を使い、「明治」の「治」をデザイン化しています。全部で6個あります。

右から2番目

大勲位菊花章頸飾パーツ2

真ん中に菊の花、その周りを七宝(しっぽう)で色付けされた葉が囲んでいます。七宝とは、釉薬(ゆうやく)を焼き付けることにより、ガラス状の美しい彩色を出す方法です。全部で12個あります。

右から3番目

大勲位菊花章頸飾パーツ3

紀元前の中国で使われていた書体「古篆」を使い、「明治」の「明」をデザイン化しています。全部で6個あります。

最も左

大勲位菊花章頸飾パーツ4

直径39mmの円形です。真ん中に、金色の菊花があります。その周りは、菊の葉です。葉の部分も純金製です。頸飾使用時は、この部分が最も下になります。1つのみあります。

そしてこの部分に、大勲位菊花大綬章(下の画像)を取り付けます。

本章の表側

下は、大勲位菊花章頸飾に取り付ける本章の表側の写真です。

大勲位菊花大綬章拡大写真

上の本章を見ますと、金で作られています。そして、様々な色があることが分かります。これは、七宝で作られています。また、本章は1枚の金(きん)から作られています。

これだけの精巧な作業は、機械でできません。そこで、造幣局の職員(職員というよりは「職人」の方が適切かもしれません)が、手作業で切ったり研磨したりして制作します。

1枚の金の板から作られるという点では、大勲位菊花章頸飾(首飾り部分)の丸いデザイン一つ一つも同様です。これは、細い金の糸を曲げて形作ったものではありません。金の板に型を打ち付けて、それに沿って手作業で彫ったものです。

この金の装飾は平面的でなく、立体的です。しかも、極めて細く、丁寧に磨き上げられています。

まさに、芸術品です。

本章の裏側

下の画像は、本章の裏側です。

本章の上の丸い部分(紐(ちゅう)といいます)に、文字が書いてあります。これは、「大勲旌章(だいくんせいしょう)」です。

裏側も、表側と同様、極めて高度な仕事が施されていることが分かります。

大勲位菊花大綬章拡大写真

収納ケース(漆塗りの箱)

箱については既に概観しましたが、さらに確認しましょう。極めて素晴らしい漆塗りの箱です。下は、カメラで写真撮影したものです。

幕がかかっているように見えますが、これはカメラのフラッシュを反射しているために起きた現象です。漆塗りの仕事が素晴らしく、フラッシュの光を反射してしまうことが分かります。

大勲位菊花章頸飾化粧箱の写真(反射状態)

下は、箱を正面から撮ったものです。八角形であることが分かります。

大勲位菊花章頸飾化粧箱の写真

保管上の注意

大勲位菊花章頸飾を購入いただくと、実際に首からかけて利用できます。しかし、箱から取り出すと、元の位置に戻すのが大変です。

(箱から取り出さない方が良いとは思いますが)取り出す際は、あらかじめ写真を撮ると良いかもしれません。戻す時に迷わずに済みます。

また、全てが金で作ってあり、精密な作りです。破損した場合は、造幣局で修理が可能です(日本の勲章や褒章は、造幣局が作っています)。なお、アンティークコインと同様に考えるならば、修理しない方が良いかもしれません。

貴重な頸飾です。修理が必要な状態にならないよう、気をつけたいです。

主な参考文献、ウェブサイト

  • 平山晋『明治勲章大図鑑』国書刊行会 2015
  • 佐藤正紀『新判 勲章と褒章』全国官報販売協同組合 2014
  • 内閣府ホームページ

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る