18世紀末のイギリスの混乱とコイン【カウンターマーク、トークン】

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

カウンターマーク【加刻印】があるコイン

カウンターマーク【加刻印】コイン(イギリス)

既に流通しているコインに、追加して刻印が押される場合があります。この追加された印をカウンターマーク(加刻印)と呼びます。

特定の時代や地域に限定された事象ではなく、古代ローマから近代にかけて、様々な地域で見られます。

例として、イギリスのジョージ3世の治世に発行されたコインを見てみましょう。

イギリス バンクオブイングランド 1ドル銀貨

【コインNo】8372
【製造国】イギリス
【額面】1ドル
【製造年】1797年
【材質】銀
【直径】39mm
【グレード】VF+/EF
【PCGS】80067425
【カタログ】SPINK3765A/KM638

売り切れ

コインの画像を見ますと、肖像の首あたりに、小さな丸い印があります(下図赤枠内)。これが、カウンターマークです。カウンターマークの中にある肖像は、イギリスのジョージ3世です。

コインそのものは、ペルーで発行された銀貨です。

カウンターマーク(加刻印)

また、下のコインは、イギリスの造幣所(ロイヤルミント)で作られたものではなく、私企業が作ったものです。トークンと呼ばれています。

イギリス ダラム・サンダーランド 1ペニー銅貨【稀少なトークン】

なぜ、外国のコインに刻印を追加したのでしょうか。また、なぜ私企業がコイン(トークン)を発行したのでしょうか。

この理由を探ると、当時のイギリスの混乱ぶりが見えてきます。

フランス革命戦争

時代は、18世紀の末です。すなわち、フランス革命のころです。フランス革命は、1789年に起きています。そして、フランスは、ヨーロッパ中に戦争を仕掛けました(フランス革命戦争)。

この戦争において、イギリスはフランスと戦争をしています。

1796年~1797年の冬、フランス軍によるアイルランド遠征画策がありました。イギリスは、天候要因を有利に使って撃退しました。

また、1797年2月には、サン・ビセンテの海戦がありました。この海戦で、イギリスはフランス・スペインの連合軍と戦いました。イギリスの戦力は劣りましたが、勝利を収めています。

いずれにおいても、イギリスはフランス軍を退けました。しかし、いつ、何が起きるか分かりません。今までとは全く異なる、戦乱の時代です。

イギリスに住んでいる人々の防衛策

この戦争の時代、イギリスに住んでいる人々は、どうやって自分を守ったでしょうか。逃げようとしても、ヨーロッパ中が混乱していますから、イギリスに留まることになったでしょう。

イギリスとフランスの間に海があるというのは、その他の国々に比べて、安全を確保しやすい条件です。

しかし、イギリスに留まるとしても、1796年から1797年にかけて、フランスの侵入が現実味を帯びる戦闘が起きました。

この場合、どうやって自分の財産を守りましょうか。すぐにできる防衛策は、金貨・銀貨の保有です。

紙幣だと、燃えますし、水に漬かるとボロボロになるかもしれません。破れることもあるでしょう。

しかし、コインなら、世界中どこでも通用しますし、保存にも便利です。持ち運びも容易です。

こうして、住民が大挙して、紙幣を金貨・銀貨に交換しようとしました。

世の中に流通しているコインは、一気に枯渇しました。支払い手段として使うくらいなら、自分で保管した方が良いからです。

また、イングランド銀行にも、住民が押し寄せました。紙幣をコインと交換しようとしたのです。

イングランド銀行は、危機感を持ちました。すなわち、金銀が不足して交換要請に応えられないかもしれない、という懸念です。

そこで、法律が施行されました。紙幣とコインの交換停止です。1797年のことです。

カウンターマークがついたコインが流通

イングランド銀行は、コインの代わりに、1ポンド・2ポンドの紙幣を流通させました。民間銀行も、金準備の範囲内で紙幣を発行しました。

しかし、高額紙幣だけでは、経済活動をするには不十分です。そこで、イングランド銀行は、自身が保有していた外国コインを、国内流通用として放出しました。

しかし、流通させるのは外国コインです。どうすれば、これを国内コインとして人々に認知してもらえるでしょうか。

ここで登場したのが、カウンターマークです。イギリス王ジョージ3世の肖像を描いた小さな刻印を、元のコインに加えます。

こうして、イギリス国内流通用の銀貨として流通させました。

トークンが盛んに発行される

なお、イギリスでコイン製造機能を担っていたのは、ロイヤルミント(The Royal Mint)です。しかし、ロイヤルミントは、機能不全に陥っていました。

すなわち、イギリスは、コインを十分に作れない状態でした。

これに困ったのは、中小商工業者です。時は、産業革命の時代です。経済や科学技術がどんどん発展していきます。経済活動を円滑にするには、コインが必要です。

しかし、公式の銅貨は、1775年を最後に製造されなくなっていました。古い銅貨は摩耗が激しく、数も不十分です。ロイヤルミントは頼りになりません。

また、6ペンスと1シリング(ともに銀貨)は、1787年を最後に発行されなくなりました。フランス革命の前から、既に円滑な通貨発行ができない状態でした。

そこで、同じく1787年に登場したのが、代用貨幣です。トークンと呼ばれています。経済力がある私企業が、支払い手段として自前で銅貨を製造、流通させました。

通貨単位は、1/2ペニー、1ペニーやファージングが中心でした。

下のトークンは、この時期に発行されたものです。イギリスで発行されたものですが、王様の肖像はほとんどありません。王様を称賛する言葉もありません。

発行された地域の特徴などが描かれています。後世になって眺めると、様々なデザインがあって興味深いです。

しかし、トークンを発行した当時の人々としては、造幣局がまともに機能せず、フランス軍の侵攻におびえ、そうでありながら産業革命が日々進展している中での、苦肉の策だったということになります。

イギリス サマセット・ブリストル 1/2ペニー銅貨【極美品】

イギリス ウォリックシャー バーミンガム 1ペニー銅貨【極美品】

イギリス ケント州 アップルドア 1/2ペニー銅貨 風車・ライオンと子羊【極美品】

【コインNo】 7288
【発行国】イギリス
【額面】1/2ペニー
【製造年】1794年
【材質】銅
【直径】29mm
【グレード】EF
【カタログ】D.H.3

売り切れ

イギリス サマセット・バース 1ペニー銅貨 植物園【極美品】

イギリス ハンプシャー ベイジングストーク 1シリング銅貨 ベイジングストーク運河【プルーフライク未使用品】

イギリス ミドルセックス 1/2ペニー銅貨【極美品】

イギリス ハンプシャー ニューポート 1/2ペニー銅貨【極美品】

イギリス ノッティンガムシャー 1/2ペニー銅貨【未使用品】

イギリス ヨークシャー・ビーデル 1/2ペニー銅貨 都市景観【極美品+】

歴史(history)【カテゴリ】

古代

ヨーロッパ

日本

その他地域

ページトップへ戻る