アンティークコイン収集が楽しくなる通貨制度の歴史

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

江戸時代から明治時代にかけての通貨制度

江戸時代から明治時代にかけての通貨制度を知ると、アンティークコイン収集が楽しくなります。歴史と結びつけてアンティークコインを理解できるからです。

そこで、江戸時代から明治にかけての通貨制度を概観しましょう。

江戸時代の通貨制度

江戸時代は、3つの通貨制度がそれぞれ独立して存在していました。すなわち、金(きん)、銀、銭(銅貨など)です。

3つの通貨制度

金貨

定位貨幣(ていいかへい)です。すなわち、金貨の額面に「一分金」と書いてあったら、それは一分金の価値があるとみなされます。コインに書いてある数字で通用するという面で、現代の貨幣と同じです。

銀貨

銀貨は秤量貨幣(しょうりょうかへい)です。すなわち、額面の数字でなく、重さで価値が決まります。あまりに不便なのでは?と感じますが、江戸時代には秤量貨幣も広く使われていました。

銭貨

銅や鉛で作った貨幣です。少額の取引や、経済的に豊かでない層が主に使用していました。

この3つの貨幣制度は、それぞれ独立していました。このため、銀貨と金貨を交換しようと思うと、その時々の金銀相場で交換比率を確認する必要がありました。

さらに、地域ごとに使われる通貨が異なりました。江戸方面は金貨と銭貨が中心、関西方面は銀貨と銭貨が中心でした。

江戸方面 関西方面
上層階級
少額取引
下層階級
銭貨 銭貨

以上の解説だけで、江戸時代の貨幣制度はややこしいと分かります。さらに、各藩が独自で発行した藩札(はんさつ)もありました。

1869年(明治2年)当時、日本で流通していた貨幣と紙幣の概算額は、以下の通りです(引用元:『明治大正財政史』(第1巻))。

金貨:8,761万円
銀貨:5,266万円
銭貨:603万円
藩札:2,464万円

明治時代の通貨制度

欧米先進諸国に追い付くには、江戸時代の複雑な貨幣制度ではダメだ!というわけで、以下の案が策定されました。当初は、銀本位制を採用しようとしていたことが分かります。

銀本位制とは、通貨制度の基本を銀に置く制度です。

1869年(明治2年)の案

・造幣局設置
・円形の貨幣を採用
・10進法採用(江戸時代は4進法)
・銀本位制

しかし、財政研究のためにアメリカに出張していた伊藤博文が帰国し、「欧米に倣うなら金本位制でしょ!」と主張し、金本位制が採用されることになりました。こうして急遽方針が変更され、1871年(明治4年)に新貨条例が発布されました。

その内容は、以下の通りです。金貨が中心であり、銀貨は補助的な役割です。

本位金貨:20円、10円、5円、2円、1円
補助貨幣:銀貨(50銭、20銭、10銭、5銭)
銅貨幣:1円までの支払に使用可(1銭、0.5銭、1厘)

上の一覧を見ますと、アンティークコインでおなじみの1円銀貨がありません。国内制度では、1円銀貨は存在しませんでした。

ただ、アジア周辺の貿易では、メキシコ銀貨が一般的に使われていました。そこで、貿易の便宜を図って、外国貿易決済用に1円銀貨を作りました。よって、外国貿易決済専用です。国内では流通不可でした。

事実上の銀本位制を採用

ところが、金本位制を継続することが困難になってきました。原因は、金が海外に流出して、金準備(金の保有高)が減少してしまったことです。

なぜ金が海外に流出したか?ですが、下の経常収支を確認しましょう。毎年大赤字だと分かります。

経常収支の推移(明治元年=1868年)

下のグラフは、明治元年(1868年)以降の経常収支です(参考文献:【日本銀行百年史】)。

明治初期の経常収支

経常収支赤字ということは、受取りよりも支払いの方が大きい状態です。金(きん)が海外に支払われて減っていきました。

金本位制のままでは通貨制度を維持できなくなる、というところまで来てしまい、明治11年(1878年)に、1円銀貨を国内で使って良いことになりました。

さらに、1885年、日銀は銀貨と交換できる紙幣(銀兌換券)を発行しました。政府紙幣も、銀との交換が可能になりました。こうして、日本は事実上の銀本位制となりました。

1897年(明治30年)の貨幣法で、再び金本位制へ

ところが、銀本位制は安定しませんでした。主要各国が金本位制を採用したこともあり、銀の価格は乱高下しながら下落していきました。

以下は、金と銀の価格比です(『明治大正財政史』(第1巻)から引用)。

明治時代初期 1:16
1886年 1:20
1893年 1:26
1894年 1:32

銀価格がこれだけ下落すると、外国貿易で必要な資金量が増えるとともに、国内物価が高騰します。国家財政もひっ迫してしまい、銀本位制を維持するのが難しくなりました。

しかし、金本位制を採用しようにも、金準備が不足していてできません。では、どうするか?です。

日清戦争の賠償金で金を確保

通貨制度の改革は必要ながら、手詰まりでどうしようもない…はずだったのですが、日清戦争(1894年~1895年)での勝利が、劇的に影響しました。

賠償金を獲得したため、一気に金準備が増えたのです。これを利用して、1897年(明治30年)に貨幣法を制定し、金本位制度に復帰しました。

この貨幣法では、金貨に含まれる金の量が半減しました。

旧20円金貨:品位90%、量目33.33g
新20円金貨:品位90%、量目16.67g
(品位とは、金貨に金が含まれる割合を指します。)

旧20円金貨は、新20円金貨と比べて金の価値が2倍ですので、40円の価値があるとされました。旧10円金貨や旧5円金貨も同様です。

こうして、明治期を通じて金本位制度が継続しました。

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る