オーストラリアのアンティークコイン【イギリス植民地時代の金貨】

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

植民地オーストラリアで発行された金貨

オーストラリアの金貨

オーストラリアは、各種探検を経て、19世紀前半には大英帝国(イギリス)の植民地となりました。

一般的に、イギリス植民地で金(きん)が見つかると、イギリス本国に輸送します。そして、イギリス国内で金貨にして、植民地に返送されました。

すなわち、造幣所はイギリス本国にあるということになります。

ところが、植民地だったオーストラリアでは、造幣所が3つありました。下の通りです。

  • メルボルン(Melbourne)
  • パース(Perth)
  • シドニー(Sydney)

下は、各都市の場所を地図に示したものです。アデレード(Adelaide)には、金の試験施設がありました。

オーストラリアの地図

ゴールドラッシュ

上の地図を見ると、あることに気づくでしょう。それは、造幣所や試験場が、オーストラリア南東部に集中していることです。

これには、理由があります。

1851年、ニューサウスウェールズ州(シドニーがある州)と、ヴィクトリア州(メルボルンがある州)で、大規模な金鉱山が発見されたのです。

すなわち、ゴールドラッシュの始まりです。ゴールドラッシュと言えば、カリフォルニア州が有名ですが、同時期のオーストラリアでも発生しました。

すると、大勢の人が一獲千金を夢見て、オーストラリア全土からこの地域に集合しました。

金貨不足が顕著

ちなみに、この地域に向けて大勢の人が引っ越す際、銀行に預けていた金貨を引き出して持ち運びました。生活の支払に充てるためです。

すると、金貨の需要が激増しました。金貨が足りません。金貨は足りませんが、金そのものは有り余っています。ゴールドラッシュで採掘が盛んだからです。

さて、どうしましょうか。金貨は、イギリス本国でしか作れません。

現代なら、電話で状況を説明して指示を得るのは簡単でしょう。ところが、当時は手紙です。オーストラリアから船で手紙を送り、イギリスで協議して、その結果をオーストラリアに返送して、実行するという手順になります。

しかし、そんな悠長な時間はありません。

というわけで、オーストラリア側の判断で、アデレードで金貨が発行されました。1852年のことです。結局は、イギリス本国からダメだと言われてしまい、先走った金貨発行は1年で終了しました。

アデレード発行の金貨は現存数が少なく、とても高額な価格がついています。

シドニー造幣所が作られる

アデレードでの金貨発行は、わずか1年で終わりました。しかし、その後、イギリス本国から許可が下りました。1855年、イギリス植民地で初めて、イギリス本国以外で造幣所が作られました。

シドニー造幣所です。

オーストラリアの独自デザインで、金貨が発行されることもありました。しかし、多くの場合、イギリス本国と全く同じデザインで発行されています。

下は、シドニー造幣所の模様を描いた絵です。19世紀は、産業革命が進展した時代です。よって、シドニー造幣所でも、機械で製造していたことが分かります。

シドニー造幣所の絵

引用:Sydney Living Museums

2分の1ソブリン金貨

では、この時代に作られた金貨を見ていきましょう。

下の金貨は、1900年にオーストラリアで発行された金貨です(シドニー造幣所で製造)。下のデザインは、1893年から1900年にわたって発行されましたので、最終年の金貨ということになります。

ちなみに、オーストラリアは、1901年に自治領として事実上独立しました。

1/2ソボレン金貨 ヴィクトリア【オールドヘッド】

【コインNo】8207
【発行国】オーストラリア
【額面】1/2ソブリン
【製造年】1900年
【素材】金
【直径】19mm
【グレード】-EF
【カタログ】Fr27/KM12

売り切れ

イギリス本国発行の金貨と同じデザイン

植民地下のオーストラリアで発行された金貨は、一部の例外を除いて、イギリス本国発行の金貨と同じ重量、同じデザインを採用しています。

下の金貨は、イギリスで発行された2分の1ソブリン金貨です。写真の撮り方の違いで輝きが違って見えますが、同じデザインだと分かります。

では、この金貨はイギリス本国で作られたのか、それともオーストラリアで作られたのか、どうやって見分ければ良いでしょうか。

それは、ミントマークで判断します。ミント(mint)とは、造幣所のことです。

オーストラリアの金貨には、ミントマークが刻印されています。場所は、下の画像の通りです。赤枠部分に「S」の文字があるのが分かります。シドニー(Sydney)のSです。

シドニー造幣所の絵

2分の1ソブリン金貨は、直径が19mmです。そのコインの中に、この小さなSが刻印されています。ルーペを使わないと、はっきりと見えないかもしれません。

ちなみに、ミントマークと造幣所の対応関係は、下の通りです。

M:メルボルン(Melbourne)
P:パース(Perth)
S:シドニー(Sydney)

比較的お手頃な価格で購入可能

オーストラリアの金貨は、イギリス本国と比べて比較的購入しやすい価格帯が多いです。よって、オーストラリアのコインを収集したい場合、比較的取り組みやすいといえるでしょう。

(中には、記事冒頭でご案内しましたアデレードの金貨のような、高額金貨もあります。)

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る