ブラジルの金貨【ポルトガル植民地時代】

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

植民地時代のブラジルで金貨を生産

ブラジルのアンティークコイン

ブラジルは、1500年頃から1822年に至るまで、ポルトガルの植民地でした。この期間、ブラジルで数多くの金貨が生産されました。

ポルトガルと同様に多くの植民地を得たイギリスは、イギリス本国だけでの生産が基本でした。対応が対照的です。

そこで、(株)ダルマ公式サイトに掲載されている金貨を、ポルトガルの君主別に並べました。コインの変遷を見ていきましょう。

ブラジルの造幣局

ブラジルの金貨を調べていくと、造幣局の情報が数多く出てきます。そこで、先に造幣局の位置を確認しましょう。

発行国 場所
B バイーア
R リオデジャネイロ
M ミナスジェライス

リオデジャネイロの名前は、日本でも時折見聞きします。では、バイーア(Bahia)とミナスジェライス(Minas Gerais)はどこでしょうか。

地図を見ますと、バイーア州とミナスジェライス州が見つかります。しかし、州は大変広い土地です。もっと具体的にはどこなのか、確認しましょう。

下は、ブラジルの地図です。赤枠で囲ったあたりを拡大します。

ブラジルのバイーア州とミナスジェライス州地図 ブラジルのオウロ・プレートの地図

(引用:GoogleMap

サルバドルは、バイーア州の州都です。そして、その南(赤丸部分)は、ミナスジェライス州のかつての州都、オウロ・プレート(当時の名称は Vila Rica)です。上の2つに加えて、リオデジャネイロにも造幣局がありました。

バイーア造幣局が、ブラジル最初の造幣局です。1694年に設立されました。この3つの造幣局は同時に作られて併存したわけではなく、何度か移転を繰り返しています。

造幣局ができる以前は、ブラジルで金貨を製造していませんでした。ポルトガルの貨幣に刻印(カウンターマーク)を追加したものが、主に流通していました。

では、ポルトガルの君主別に金貨を見ていきましょう。

ジョアン5世(在位:1706年~1750年)

ジョアン5世(Joao V)は、マフラ修道院の建設で有名です。下は、その写真です。このような立派な建物を建築できた背景には、ブラジルからもたらされた豊富な金(きん)がありました。

マフラ修道院(ブラジル)

(引用:Wikipedia

下の4,000レイス金貨は、いずれもバイーア造幣局で作られました。コイン左側の画像を見ますと、十字架が描かれており、「B」の文字が4つあります。

このBがミントマーク(造幣局の印)です。

なお、管理No.8408の金貨は、未使用です。1719年製造ですから、300年以上前の金貨です。300年という時を、未使用で受け継がれてきました。貴重な金貨です。

ブラジル 4000レイス金貨 ジョアン5世【未使用品】

  • 造幣所:バイーア

【コインNo】8408
【発行国】ブラジル
【額面】4000レイス
【製造年】1719年
【素材】金
【直径】30mm
【グレード】UNC
【カタログ】Fr30/KM106
【価格】600,000円(税込)

このコインを購入する

ブラジル 4000レイス金貨 ジョアン5世

  • 造幣所:バイーア

【コインNo】8329
【発行国】ブラジル
【額面】4000レイス
【製造年】1724年
【素材】金
【直径】29mm
【グレード】VF+
【カタログ】Fr30/KM106
【価格】125,000円(税込)

このコインを購入する

下の金貨は、いずれもミナスジェライス造幣局で作られました。

ブラジル 20000レイス金貨 ジョアン5世【準未使用品】

  • 造幣所:ミナスジェラス

【コインNo】8618
【発行国】ブラジル
【額面】20000レイス
【製造年】1726年
【素材】金
【直径】38mm
【グレード】AU
【カタログ】Fr33/KM117

売り切れ

ブラジル 12800レイス金貨 ポルトガル王ジョアン5世【極美品】

  • 造幣所:ミナスジェラス

【コインNo】8607
【発行国】ブラジル
【額面】12800レイス
【製造年】1732年
【素材】金
【直径】37mm
【グレード】EF
【カタログ】Fr55/KM139
【価格】950,000円(税込)

このコインを購入する

ジョゼ1世(在位:1750年~1777年)

ジョアン5世が亡くなると、息子のジョゼ1世が王位に就きました。ジョゼ1世は、国政にあまり興味がなかった模様です。

と言いますのは、外務大臣兼国防大臣であったポンバル侯爵に、国政のほとんどを委ねたためです。

ボンバル侯爵は、以下の改革を実行しました。

  • 1755年のリスボン大震災(死者数6万前後)の復興事業
  • 産業改革と育成
  • 教育制度改革
  • 農業保護政策
  • 奴隷制廃止
  • イエズス会排斥 など

ブラジル 6400レイス(ペカ)金貨 ジョゼ1世【完全未使用】

  • 造幣所:バイーア

【コインNo】8476
【発行国】ブラジル
【額面】6400レイス
【製造年】1756年
【素材】金
【直径】32mm
【グレード】FDC
【カタログ】Fr69/KM172.1
【価格】380,000円(税込)

このコインを購入する

マリア1世とペドロ3世(1777年~1786年)

ジョゼ1世の跡を継いだのは、娘であるマリア1世です。配偶者のペドロ3世と共同統治をしました。よって、金貨にも2人の肖像が描かれています。

なお、ジョゼ1世の元で独裁的な権力を握っていたポンバル侯爵ですが、マリア1世は彼を好まなかったため、解任しました。

ブラジル 6400レイス金貨 マリア1世&ペドロ3世【極美品】

  • 造幣所:リオデジャネイロ

【コインNo】8474
【発行国】ブラジル
【額面】6400レイス
【製造年】1782年
【素材】金
【直径】32mm
【グレード】EF
【カタログ】Fr75/KM1786
【価格】185,000円(税込)

このコインを購入する

マリア1世(在位:1786年~1816年)

ペドロ3世が亡くなったのちは、マリア1世の単独統治となりました。これを受けて、コインのデザインも変更されています。

なお、マリア1世は1816年まで女王の地位にありましたが、途中で精神疾患がひどくなりました。そこで、1799年から1816年にかけて、息子のジョアン6世が摂政として実質的な国政にあたりました。

精神疾患がひどくなった原因の一つは、フランス革命です。1800年前後は、ナポレオン戦争がヨーロッパ中を覆った時代です。

1807年には、ナポレオン軍がポルトガルに侵攻しました。これを受け、ポルトガルの政府機能をブラジルに移しています(マリア1世はブラジルで死去し、ジョアン6世は1821年に帰還しました)。

ブラジル 6400レイス金貨 マリア1世【極美品】

  • 造幣所:リオデジャネイロ

【コインNo】7675
【発行国】ブラジル
【額面】6400レイス
【製造年】1795年
【素材】金
【直径】32mm
【グレード】EF
【カタログ】Fr88/KM226.2
【価格】190,000円(税込)

このコインを購入する

ブラジル 6400レイス金貨 マリア1世【極美品+】

  • 造幣所:リオデジャネイロ

【コインNo】8473
【発行国】ブラジル
【額面】6400レイス
【製造年】1799年
【素材】金
【直径】32mm
【グレード】EF+
【カタログ】Fr87/KM226.1
【価格】190,000円(税込)

このコインを購入する

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る