明治時代の金貨・銀貨の「刻印」と「発行年数」を紐解く(ひもとく)

歴史(history)【カテゴリ】
翻訳

明治3年の金貨や銀貨

明治時代の金貨

明治時代の歴史を学ぶと、「1871年(明治4年)に新貨条例が制定され、それ以降、円が使われるようになった」という趣旨の文に出会うでしょう。

ということは、金貨や銀貨は、明治4年から流通したということになります。

ところが、日本のコインを調べると、「明治三年」の刻印がある金貨や銀貨があることが分かります。下の通りです。

旧20円金貨:「明治三年」とあります。

旧2円金貨:「明治三年」とあります。

旧1円銀貨:「明治三年」とあります。

これは、一体どういうことでしょうか。造幣局、すなわち当時の政府が、法律の成立を待たずに勝手に発行してしまったのでしょうか。混乱期だからありうるかも、と思ってしまいます。

それとも、何かの手違いだったのでしょうか。

明治三年の金貨や銀貨が多数残っていることを考えると、手違いは考えづらいです。この理由は、意外に単純です。

明治3年に刻印を作った

金貨や銀貨の製造方法は、別記事「アンティークコインの製造方法」の通りです。作り方は時代や場所で変わりますが、基本構造は同じです。

すなわち、平たく伸ばした金や銀に、刻印が付いた型を押し当てて、高い圧力で模様をつけていきます。

下の画像は、近世ヨーロッパで使われていた製造方法です。大きなスクリューを人力で回して、中心にある刻印を金(きん)や銀に押し当てています。

金貨製造の様子図(近世ヨーロッパ)

もちろん、明治時代には近代的な機械で作られていたのですが、基本構造は変わりません。ということは、刻印に「明治三年」と刻まれていたことになります。

この刻印ですが、明治三年に作られています。

銀貨の製造は明治3年から

そして、銀貨は明治3年から製造が始まっています。明治3年に作られて、世の中に流通しだしたのは明治4年だったということです。

ちなみに、1円銀貨は、明治3年(1870年)から明治6年(1873年)まで、全く同じ刻印が使われました。

すなわち、明治4年に作られても「明治三年」、明治5年に作られても「明治三年」でした。「明治三年」の刻印の銀貨は、発行枚数が多いということになります。

「おっ、明治時代の最初に作られた銀貨(明治三年)だから、これは貴重に違いない!」と思って買ってみたら、実は世の中に比較的多く流通していました、ということになります。

明治7年(1874年)になると、「明治七年」の刻印の銀貨が登場します。

発行枚数は、以下の通りです。

年号 発行枚数
明治3年 3,685,049枚
明治4年
明治5年
明治6年
明治7年 942,006枚
明治8年 139,323枚
明治9年 発行なし
明治10年 発行なし
明治11年 856.378枚
明治12年 1,913,318枚

こうしてみますと、上の中では、明治8年の1円銀貨が最もレアなんだな、と分かります。

レアだけに、入手は大変です。そこで、まずは明治3年の1円銀貨を買って、そこから順に他の年号を集めるという作戦が考えられます。

金貨の製造は、明治4年から

一方、金貨は、明治4年8月から製造されています。明治4年から製造されているのに、明治3年の金貨があるのはなぜか?ですが、銀貨と同じような理由です。

すなわち、明治4年に「明治三年」という文字が入った刻印を使って金貨を作ったのです。途中から、「明治四年」という刻印に切り替えました。

よって、明治4年に、「明治三年」と「明治四年」の金貨が発行された、ということになります。

では、気になる発行枚数です。ここでは、旧5円金貨でご案内しましょう。

年号 発行枚数
明治4年 273,536枚
明治5年 1,057,628枚
明治6年 3,148,925枚
明治7年 728,082枚
明治8年 181,782枚
明治9年 146,226枚
明治10年 136,271枚
明治11年 101,198枚
明治12年 発行枚数不明

旧5円金貨:「明治八年」

こうしてみますと、明治4年発行(「明治三年」「明治四年」の金貨)とともに、明治8年以降も数量が少ないことが分かります。

旧5円金貨は、1897年まで作られています。金貨なので、1枚1枚が高価です。全部集めるのは大変です。

そこで、1円、2円、5円、10円、20円の金貨を1枚ずつ買うという作戦が考えられます。

ただし、明治初期の20円金貨は、あまりに高価(数百万円から数千万円)です。そこで、明治30年代以降の新20円金貨が候補になります。

明治12年の謎

ここで、旧5円金貨の発行枚数一覧を、もう一度ご覧ください。明治12年(1879年)は「発行枚数不明」となっています。

その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているためです。アンティークコインには所有者の登録制度がありません。よって、今、誰が所有しているのか全く分かりません。

しかし、「明治12年」と書かれた5円金貨が、少なくとも1枚存在します。

なぜ、1枚なのか。その理由は全く分かりません。1枚を作るためだけに刻印を作ったというのは、少々不自然です。

よって、複数枚が作られたのかもしれません。

このあたりの調査をしても、正確な情報を得られません。そこで、『日本貨幣カタログ』では、年号別発行一覧に明治12年を記載せず、欄外に「明治12年銘がある」と注記しています。

明治12年の謎です。

金貨や銀貨の発行枚数について

当サイトでご案内している、日本が発行した金貨や銀貨の「発行枚数」につきましては、日本貨幣商協同組合が発行している【日本貨幣カタログ】に基づいた情報です。

歴史(history)【カテゴリ】

ページトップへ戻る