磨いたコインの価値はナゼ下がる?-ピカピカコインの落とし穴

グレード/価値【カテゴリ】
翻訳

「汚れを落とした綺麗なコイン」と
「素材のままのコイン」

アンティークコインとは、いわば古いコインです。古いということは、金貨・銀貨問わず、色が多少黒っぽくなります。

これは、長年の保存で付いた汚れや錆などが原因です。そこで、磨いてあげるときれいになります。下のコインは、磨いた後のコインです。アンティークコインの世界では、磨くことをポリッシュ(polished)と言います。

ポルトガル 1クルザード金貨【磨き(polished)】

【コインNo】 8069
【製造元】ポルトガル
【額面】1クルザード
【製造年】1521年~1557年
【材質】金
【直径】23mm
【グレード】F
【特記事項】磨き(polished)

売り切れ

比較のために、ほぼ同じ時期のポルトガルの金貨と比較してみましょう。こちらは、上の金貨ほどには輝いていません。

ポルトガル 500レイス金貨

【コインNo】 6117
【製造元】ポルトガル
【額面】500レイス
【製造年】1557年~1578年
【材質】金
【直径】25mm
【グレード】-EF
【価格】190,000円(税込)

このコインを購入する

上の2枚を比較しますと、磨いたコインの方が明らかにピカピカしています。アンティークコインから離れて考えますと、一般的には、ピカピカで美しい方が望ましいです。

人為的な修正は価値が大きく下がる

しかし、輝いている方が良いからといってアンティークコインを磨くと、後悔することになります。なぜなら、価値が劇的に下がってしまうからです。

なぜ価値が下がるか?ですが、それはコインに手を加えることにより、本来の姿が失われてしまうからです。

  • 製造時の状態を保ったコイン(経年による汚れあり)
  • 磨いてきれいになったコイン

どちらが欲しいですか?という話になります。

コインの格付を表現する方法に、グレードがあります。このグレードの基準は、「コイン製造時の姿をどれほど維持しているか?(ただし、自然による変化はマイナスとしない)」です。

磨いて輝きを取り戻したコインは、後世に手を加えて実現した輝きです。アンティークコインの世界では、製造後の人為的な修正等はマイナス要素です。

よって、金貨でも銀貨でも、磨くとアンティークコインの価値は大きく下がってしまいます。

これは、別記事「アンティークコインの修正痕は価値が大きく下がる」と同じような趣旨です。傷があるからといって、その傷を修正してはいけません。価値が大きく下がってしまいます。

ピカピカのアンティークコインが欲しい場合

しかし、金貨はピカピカに輝いている方が良い、という場合もあるでしょう。そこで、輝いている金貨や銀貨が欲しい場合の対策を、2つご案内します。

モダンコインを買う

モダンコインとは、発行後の期間が概ね100年未満のコインです。新しいコインになればなるほど、新品です。輝きも素晴らしいでしょう。

下の金貨は、スイスの射撃祭を記念して発行されたモダンコインです。プルーフ(鏡面仕上げ)でピカピカです。しかも、完全未使用です。

あまりにピカピカなので、写真撮影の際にフラッシュの光を完璧に反射してしまい、コインが黒く写っています。この黒さが、プルーフの輝きを示しています。

スイス 現代射撃祭記念500フラン金貨【発行枚数:275枚】

【コインNo】 7329
【発行国】スイス
【額面】500フラン
【発行枚数】275枚
【年号】2018年
【材質】金
【直径】33mm
【グレード】PF FDC
【価格】215,000円(税込)

このコインを購入する

しかも、発行枚数は275枚しかありません。この輝きと発行枚数の少なさは、とても魅力です。

高価なアンティークコインに比べると、手に届きやすい価格というのも、モダンコインを収集するメリットの一つです。

既に磨いてあるコインを買う

もう一つの対策は、「磨いてあるコインをあえて買う」という方法です。コインを磨いてはいけない理由は、価値が下がる(=価格が下落する)からです。しかし、輝いているアンティークコインが欲しいです。

ならば、既に磨いてあるアンティークコインを買えば良いのでは?ということです。

磨いたコインを買うメリットは、以下の通りです。

  • 輝いているアンティークコインを買える
  • 価格下落後なので、安く買える

デメリットを探そうと思っても、見つからないのでは…?という感じがします。

この記事冒頭の金貨に加えて、磨いてあるコインをいくつかご案内します。磨いていない場合に比べて輝きがあり、かつ安価です。

ポリッシュ(磨いてあるコイン)

イギリス ヴィクトリア女王 公式戴冠記念銀メダル

【コインNo】 8055
【発行国】イギリス
【額面】銀メダル
【年号】1838年
【材質】銀
【直径】36mm
【グレード】VF+/EF
【価格】35,000円(税込)

このコインを購入する

左は、ヘアーバンドをしているヴィクトリア女王、右は、女性3人から王冠を授かるヴィクトリアの様子です。

女性3人は、以下の通りです。

  • ブリタニア:グレートブリテン島南部を擬人化した女性
  • ヒルべニア:アイルランドを擬人化した女性
  • スコティア:スコットランドを擬人化した女性

ドイツの5マルク銀貨

下は、ドイツ・ワイマール共和国の5マルク銀貨です。1925年発行ですから、アンティークコインとしては比較的新しい部類に入ります。

しかし、その割には価格が高めです。それは、希少性が高いからです。PL(プルールライク)ですから、プルーフの輝きを持った銀貨です。

【コインNo】 3236
【額面】5マルク
【製造年】1925年
【材質】銀
【直径】38mm
【グレード】PL EF
【価格】150,000円(税込)

このコインを購入する

グレード/価値【カテゴリ】

ページトップへ戻る