グレードの低いコインとの付き合い方|アンティークコインとしての価値

グレード/価値【カテゴリ】
翻訳

グレードの高いコインと低いコインを比較

アンティークコインを集めるなら、グレードが高いコインを所有したいです。グレードが高いとはすなわち、製造された当時の特徴をそのまま保持しているということだからです。

ここで、グレードの高いコインと低いコインを比較してみましょう。古代ギリシャの中心地アテネで発行された銀貨です。

古代ギリシャ アテネ テトラドラクマ銀貨

【コインNo】 7937
【額面】テトラドラクマ銀貨
【製造年】紀元前440年~紀元前430年
【材質】銀
【直径】24mm
【グレード】EF
【価格】715,000円(税込)

古代ギリシャ,アテネ-テトラドラクマ銀貨 このコインを購入する

【額面】テトラドラクマ銀貨
【製造年】紀元前440年~紀元前404年
【材質】銀
【グレード】Toned F

上側は、グレードがEFです。すなわち、「摩耗や傷が比較的少なく、デザインが明晰に判別できる」という評価です。

一方、下側のグレードは、Fです。すなわち、「流通の過程で全体的に摩耗が進み、傷も多くあり、デザインの判別も難しい」です。

EFとFのグレードの違いについては、別記事「アンティークコインのグレード【格付】 」をご確認ください。

また、Toneは「銀錆(ぎんさび)」があることを示します。銀錆につきましては、別記事「銀貨の酸化、硫化による変色、錆び(サビ)も価値のうち」でご確認ください。

グレードEFとグレードFの違い

下の写真は、グレードが高い側(EF)とグレードが低い側(Toned F)のコインを並べています。これを見ながら、違いを確認します。

グレードが高い側(EF)に赤線を2つ引きました。1の線の内部のデザインが、グレードFのコインにありません。削れてなくなってしまったという面もあるでしょうが、初めから刻印されていなかった可能性があります。

古代ギリシャ  アテナ神 テトラドラクマ銀貨【表面】

と言いますのは、グレードEFのコインは、赤の2の部分にほとんど余裕がありません。一方、グレードFの側には、鼻の先からコインの端まで余裕があるからです。

また、全体的に見ましても、グレードEFの側はデザインが明瞭なのに対し、グレードFの側は、何となくぼんやりした感じになっています。

デザインが削れてしまったことを示しています。

コインの裏側も確認しましょう。赤い線で囲った部分が、グレードFのコインにはありません。

古代ギリシャ  アテナ神 テトラドラクマ銀貨【裏面~アテナ神】

こうして比較しますと、グレードEFとグレードFの間には、とても大きな差があることが分かります。

所有しているという事実を重視する場合

では、グレードの低いコインとどのように付き合えば良いか?を考察します。

上の2枚のコインを比較しますと、大きな違いがあります。しかし、比較しているから、大きな違いがあると分かるだけです。Fのコインだけを見れば、とんでもなくダメなコインだとは思えません。

アテネの神様(アテナ神)やフクロウの姿が、はっきりと分かります。

傷は、製造・運搬時にできたものもありますし、2000年という途方もない期間を生き抜いてきた歴史を示しています。

そこで、特定のアンティークコインを所有しているという事実を重視したい場合、グレードにかかわらず買うという選択肢があります。

  • 所有しているという満足感
  • いつでも手に取って眺められるという満足感
  • グレードが高いコインに比べれば安く買える、というお買い得感
  • お金を貯めて高いグレードのコインを買うぞ!という目標設定

グレードが高いコインに人気が集まるのは自然なことです。しかし、グレードが高くなくても、アンティークコインとしての価値があります。

また、仮に資金があるとしても、グレードが高いコインをいつでも買えるというわけではありません。自分が希望するグレードでないから買わない、という選択をしていると、いつまでたっても目的のコインを買えない可能性があります。

そこで、買いたいコインがあったら、グレードにかかわらず買っておく、という選択もできます。

お金があっても買えるわけではないというのが、一般的な商品と大きく異なります。

将来の価値を期待する場合

では、グレードの低いコインを集めれば良いか?ですが、可能なら高いグレードのコインでコレクションを作りたいです。

「より良いものが欲しい」というのは、コレクター心理として共通しているでしょう。

そして、傷や摩耗が少ないコインが欲しいという人が多くなればなるほど、グレードの高いコインは、グレードの低いコインに比べてはるかに高額になります。

このため、純粋にコレクションとして集めるだけでなく、現在価値や将来価値にも留意する場合は、可能な範囲で高いグレードのコインを集めるのが良いでしょう。

グレード/価値【カテゴリ】

ページトップへ戻る