アンティークコインをコレクションする理由

コレクションについて【カテゴリ】
翻訳

アンティークコインとは

アンティークコインとは、概ね100年以上前に作られたコイン全般を指します。このため、紀元前500年という、はるか昔に作られた金貨から、1900年代初めに作られたコインまで、さまざまな種類があります。

そして、今年新規に発行されたコインでも、いつの日かアンティークコインになります。時間は過ぎていくからです。

では、アンティークコインを集める理由は何でしょうか。いくつかあるでしょう。

歴史を共有

下のコインをご覧ください。これは、紀元前400年代から紀元前300年代にかけて製造された金貨です。

【コインNo】7905
【名称】Kneeling king running with spear and bow
【日本名】弓と槍を持ち走る王
【発行国】アケメネス朝ペルシア
【発行年】紀元前486年~紀元前450年(推定)
【素材】金
【重量】8.32g
【グレード】VF
【価格】520,000円(税込)

槍と弓を持って走る王 このコインを購入する

上の金貨は、紀元前6世紀から紀元前4世紀にかけて栄えた、アケメネス朝ペルシアの金貨です。今からはるか昔に、純度の高い金貨を作る技術があったということです。

そして、この金貨の用途ですが、兵士への報酬支払などで使われていました。

  • 保存できる
  • 持ち運びが容易
  • 多くの兵士に均等に配分できる

金貨は、こういった目的で使うにはピッタリです。

そして、当時の兵士たちが手に持ったに違いないであろう、そのコインが今、目の前にあります。写真で見るだけでなく、買って自分の物にできます。

買って、自分の手で持ってみてください。その重さ、大きさ、輝き、刻印の美術的な素晴らしさ。それらを通じて、歴史に思いを馳せることができます。

また、当時の兵士等が使った金貨は、コレクターの収蔵品となり、大切に現代に受け継がれてきました。今、手にしているコインは、先人によって大切に受け継がれてきたものです。

自分の物になったアンティークコインは、いずれ、次世代の誰かに受け継がれます。こうして、自分もアンティークコインを受け継いできた先人の仲間入りをします。

シリーズものを全て集めたい

アンティークコインに限らず、何か珍しいものがあって、それは数種類で完全版だとしたら、それを全種類集めたくなるものです。

アンティークコインのコレクションは、このような欲求を満たすにはぴったりのアイテムです。

例えば、明治時代の金貨は、以下の通りです。

【名称】日本 JAPAN 旧20円金貨 明治3年(1870)
【品位】金90%/銅10%
【量目】33.33g
【グレード】極美品-

【名称】日本 JAPAN 旧10円金貨 明治4年(1871)
【品位】金90%/銅10%
【量目】16.66g
【グレード】極美品

【名称】日本 Japan 旧5円金貨 明治8年(1875)
【品位】金90%/銅10%
【量目】8.33g
【グレード】未使用品+

【名称】日本 Japan 日本 旧2円金貨 明治3年(1870)
【品位】金90%/銅10%
【量目】3.33g
【グレード】極美品

【名称】日本 JAPAN 旧1円金貨 明治4年(1871)
【品位】金90%/銅10%
【量目】1.67g
【グレード】未使用品

この5種類を全部集めれば、完成です。

しかし、コレクターというのは、完全さを求める傾向があるようです。例えば、1円金貨と言っても、発行年が違えば刻印も異なります。年号の部分です。すべての発行年を集めれば完全だ、と考える場合があるかもしれません。

これを実行して全ての年号を集める場合、途方もない時間がかかるでしょう。

と言いますのは、アンティークコインには価格が付いていますが、いつでもどこでも買えるわけではないからです。

火事や紛失等で数が減ることはあっても、増えることはありません。すなわち、希少性は日を追って増す一方です。そのようなコインを売りたいという人は、多くありません。

そこで、オークション等で売っても良いという人が現れるまで、ジッと待つことになります。時間がかかりますし、完璧に揃えるのは困難かもしれません。しかし、難しいほどやりがいがあるのも、コレクションの魅力です。

全種類を集められれば、全種類あるという事実だけで価値(=価格)が高くなります。

美術品として楽しむ

アンティークコインには、美術品として楽しめるという側面もあります。下の金貨をご覧ください。

【コインNo】 7870
【発行国】ドイツ
【額面】1ダカット
【製造年】1792年~1806年
【材質】金
【直径】24mm
【グレード】EF
【価格】620,000円(税込)

このコインを購入する

今は失われてしまった、当時のレーゲンスブルグ(バイエルン州)の情景が見事に描かれています。また、裏面の紋章も、見事な鮮やかさです。

コインに描かれる模様一つ一つには、意味が込められています。その意味を調べながらコインを鑑賞すると、そのコインへの愛着はどんどん大きくなるでしょう。

また、コインを通して当時のドイツを知ることもできます。いつの間にか歴史博士になっているというのも、ありえる話です。

なお、美術品として考える場合、傷や摩耗が少ない方が美しいです。上のコインは、わずかですがマウント痕があります。マウント痕につきましては、別記事「アンティークコインのマウント痕とは」でご確認ください。

資産運用の一環

金や銀自体に価値があり、時間が過ぎれば希少性が増すばかり。そして、歴史的に見ても美術品としても価値があるとなれば、資産運用としてアンティークコインを収集することもできます。

ただし、資産運用としてアンティークコインを考える場合、注意点があります。

当サイト運営者は、相場の世界で長年生きてきました。その経験から確信をもって言えるのは「永遠に上昇を続ける相場はあり得ない」ということです。

そこで、資産運用の1つとして考える場合は、相場が下落しても問題ない範囲でのコイン収集にしましょう。

コレクション【カテゴリ】

ページトップへ戻る