IAPNとは-コインの真偽を判断できる加盟業者

コレクションについて【カテゴリ】
翻訳

加盟基準が極めて厳しい業界団体

IAPNロゴ

IAPNは、アンティークコイン専門家の業界団体で、正式名称は”International Association of Professional Numismatists”です。

この機関はアンティークコイン業者の団体ですが、加盟基準が極めて厳しいです。このため、IAPNに加盟しているというだけで、その業者は世界でも有数の能力を持ったアンティークコイン業者だと言えます。

株式会社ダルマ(当サイトで紹介しているアンティークコイン業者)は、IAPNに加盟しています。

IAPN加盟業者の義務

IAPNの加盟業者に課された主な義務を、確認しましょう。

IAPN加盟業者が販売したコイン等が偽物だった場合、偽物を買ってしまった顧客は、その品物と引き換えに、支払った金額全てを返金されます。

IAPN加盟業者は、自社が販売したコイン等が本物であることを保証しなければなりません。仮に、販売したコインが偽物だと判明した場合、遠い過去に販売したコインであっても、全額返金に応じなければなりません

スラブに入ったコインでも、その責任は変わりません。スラブとは、下のようなコイン保護ケースです。

スラブ入りコイン

これは、「鑑定会社が本物だと判定した」という主張にすぎません。鑑定会社は鑑定スタッフを50名~100名くらい抱えており、全員の能力が同一というわけではありません。

よって、本物かどうかに加えて、判定されたグレードも正確かどうか、本当のところは分かりません。

よって、スラブ入りコインであっても、IAPN加盟業者は、自社の責任で本物だと保証しなければなりません。

また、スラブ入りコインから、コインや鑑定書を抜き出して差替える機械が開発されています。すなわち、「スラブ入りコイン=本物」という考え方は、リスクがあります。

IAPN加盟業者の実力

では、IAPN加盟業者は、どれくらいの実力があるでしょうか。実際にあった偽造事件で確認しましょう。

ある偽造団が、アンティークコインを製造しました。本気度が高かったようで、以下の方法で製造しました。

気合いの入った偽造団の製造方法

素材を再利用した偽造

昔の本物の金貨を潰して、新たにコインを製造しました。すなわち、金を分析しても、昔の金貨と同年代だと判定されます。

製造方法を模倣した偽造

当時と同じ製法で、金貨を作りました。すなわち、現代的な美しい作りでなく、ハンマーで手打ちです。外見で真贋(しんがん)を見分けるのは難しいです。

新たに発見!?

本物っぽいデザインを新規に作り、金貨を製造しました。すなわち、「新デザインのコインが見つかった」として、高額で売りさばこうとしました。

これほど気合が入った偽造品を持ち込まれた業者(IAPN加盟業者)は、どうしたでしょうか。結果は、「偽造品だと見破った」です。

どうやって見破ったのでしょうか。

IAPNの情報力

アンティークコインの取引市場が世界で形成されて、何百年という歴史があります。そして、IAPN加盟各社は、アンティークコインに関して極めて高い知識と能力を持っており、世界主要国に存在します。

そこで、各社の力を合わせて、過去のデータを確認したり、そのデザインがありうるのか検証したり、様々な角度から検討が重ねられました。

その結果、偽造と判断され、偽造団の目的は達成できませんでした。

そもそも、そんなコインが本当に見つかったなら、ニュースになっているでしょう。また、どこから見つかったかなど、ゴリゴリに検証されたら、ほどなくしてバレそうです。

そういった調査さえできてしまうのが、IAPN加盟各社の実力です。

ちなみに、アンティークコインを極めるために必要な知識は、貨幣学だけではありません。少なく見積もっても、以下の知識が必要です。

  • 歴史学
  • 美術史
  • 地理学
  • 金属工学
  • 経済史 など

これらの学問を究めた人の集合体であるIAPNを欺くのは、大変難しいでしょう。こういった能力を持っているのが、IAPN加盟各社です。

アンティークコインは、IAPN加盟業者で買いたい

コインの真贋を自社で判断でき、仮に偽物だったら払戻が保証されるというのは、とても大切なことです。

と言いますのは、一般のコレクターには、真贋を見分ける能力がないからです。「スラブに入っているから安心」といった考え方を採用すると、偽造団の格好のターゲットになってしまいかねません。

アンティークコインは、IAPN加盟業者で買うと、安全度が高くなります。当サイトで紹介しています株式会社ダルマは、IAPN加盟業者です。

株式会社ダルマの最高経営責任者である大谷雄司氏は、IAPNの副会長職を13年間務めてきた実力者です。

コレクション【カテゴリ】

ページトップへ戻る